This Category : 【小説】「ネットの彼女」

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.05.11 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第1話(P-3) / 桂木 けい

 帰る途中で軽く食事も済ませ、そそくさと家路へと向かう。この食事についても私の場合はあまり執着がなく、お腹いっぱいに食べる事もほとんど無い。また、どちらかと云えば肉系が好みだが、だからといって毎日食べたいとも思わない。食事とは常に生きる為に必要な行為だから食べているのであって、他の誰かのようにそれ自体が目的だとは、どうしても思えないのである。

 これはきっと小さい頃からの生活環境によるものなのかもしれないと考える事がある。

 子供の頃(それも小さなころ)に家族で座って食事をしたのは、恐らく小学一年の夏までだった。幼かった私にはどうする事も出来なかったのだが、私の実父がどうしようもない男で一体何が面白くないのか?、家庭内暴力(DV)を良く(と言うかほぼ毎日)繰り返す人間だったので、さすがに命が危なくなった母が家から逃げ出した事があった。

 それは私が小学校へと行ってる間に起こった事で、帰ると家の中はそれはもうスゴイ状態になっていた。家具は傷ついていたり壊れていたり、衣類や小物類は散乱していたりと、所々には母親のものと思われる赤い血痕が所どころに残されていた・・・。

 その光景は今も私の奥底に鮮烈なイメージとして焼きついてしまい、今でも昨日の事のように思い出す事が出来る。でもそれは、自分にはもう母親が居なくなってしまった事への理解と言うか決して受け入れられない事実を、現実の出来事として目で見る事によって、ムリヤリにでも脳に焼きついてしまった事による後遺症かもしれないと思う事がある。

 それから何ヶ月を過ごしたのかはもう覚えていない。次に新しいお母さんという方が来ては最初のうちは何かと世話を焼いてくれたとは思うのだが、本当に細かい記憶が無いのだ、それもスッポリと抜け落ちたかのように。私が覚えているのは、その新しい母の作ったゴハンを食べなかったり、言う事を聞かなかったら、その度に実父が夕方に戻って来ては私を殴ったと言う事だ。まだ小学一年だった私を木刀で殴る、そう何度も・・・何度も・・・。殴られすぎて下半身の感覚が無くなり失禁していた事があるのだが、ズボンと床が濡れていたのが分からなかった事があったのを、(今はもう恨んではいないが)ハッキリと覚えている。もう明日は死んでるかもしれないと思った事は一度や二度ではなかったが、外面だけは良かった男だったので誰も信じてはくれないだろう。私はこの頃に、もうすでに人生を一度あきらめた人間だ。その後には、もう誰かに助けを求めた記憶も無い。

 やがて家での朝ゴハンもいつからか無くなり、それに気づいた小学校の担任の帰山先生という女性の先生が、毎朝に保健室で私を待っていて牛乳と菓子パンを食べさせてくれた事を今でも覚えている。

 そして時は少しだけ流れて、年が明けてから母から家に「子供を引き取りたい」と連絡が来たのだと思う。ある日の夜に母が家に戻って来て、私の目の前で離婚の話と私を母が引き取る話をしているのを聞いた。そしてテーブルの上には紫と白の小さめの風呂敷に包まれた、たくさんの一万円札の束が見えた。誤解の無いように断っておくが、これは別に実父が母に渡す養育費や慰謝料の類では決して無い。

 これは私を引き取る為に、母が親戚から借金して集めてきたお金で、要するに私は実父に売られたのである。いくらで売られたのかまでは知らないが、かなりの枚数のお札が束のようになってた事を今でも覚えている。

 こうしてこの後に、一時の間は生まれ育った京都にいるのだが、やがて実父の居るこの地を離れる為に母に連れられて名古屋へと移って行ったのは小学二年に上がる頃だったと思う。ここでの生活から母子家庭となり、母が少しでも実入りの良い水商売の仕事を始めたので、朝も夜も一緒に食事をする事が、ほとんど無くなり食事とは私にとってそれほど”楽しい時間”ではなかったと言う事もある。

 少し長くなったが、思い返して見ると、私が食事に執着しない性格に育ったのも、このような家庭環境が大きく関係しているのだと思う。それは大人になっても直らない癖の一つになったのだが、今では食い物に拘らないこの性格を気に入ってもいる。だが、少々偏食になっており食べられないモノが多くあるのは、そろそろ直してもいいかも知れないとも考えている今日この頃だったりもする。


(P-4)へつづく(更新は来週の火曜日の予定です)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ます!。

2010.05.18 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第1話(P-4) / 桂木 けい

 自宅マンションに向かう途中で携帯が鳴る。いつもなら会社にいるこのくらいの時間には必ず彼女の方から掛かって来て、お互いの声を聞くのが日課になっている、そしてそれはもう3年以上も続いている。

 彼女は片桐真央という名で、私よりも3つ年下の24歳だ。私の勤める会社の取引先の女性で、ある仕事をきっかけに知り合い付き合うようになって今に至る。

 携帯はポケットに入れたままで、耳にはめたイヤホンマイクに向かって小声で話しながら家路を急ぐのだが、知らない方が見ればボソボソと小声で何かを言いながら歩くアブナイヤツに見えてしまう危険性があるので注意しなければならないw。

「リョウさん、まだ仕事なの?」

 この声を聞くだけで心が優しくなっていくのが自分でも分かる。

「いや、今はもう帰宅する途中だよ」

 生憎と彼女の方は仕事が忙しくて、今日は何時になるか分からないらしい。今はまだ別々に暮らしてはいるが、よくお互いのマンションに泊まったりする事があり、生活用品の類は何でも2つ買っておいてそれぞれの部屋に置いてあるのだが、どちらかと云えば私の部屋で一緒にいる事の方が段々と多くなっており、彼女の部屋へは余り行かなくなっている。

 仕事にマジメで合理主義者で現実主義の私が、今からゲームをする為に会社を早く引き上げてると知ったら彼女はかなり驚くかも知れないww、いやきっと驚くと思う。その時の真央の顔を思い浮かべると、何故か笑えてきそうになったが、やはり今は言わないでおく事にした。

「じゃあね!今日は遅くなくから自分の部屋に帰るわ」

 遅くまで働いてる彼女には申し訳ない気もしたが、これで図らずも彼女を気にせずにゲームをする時間を手に入れた事になったので、一安心した事も事実だ。

「ではまた明日!」

 こうしてマンションの自宅へと戻り、スーツを脱いでから部屋着へと着替える。すぐにビールでも良かったのだが、先にシャワーを浴びる事にした。別に飲まなくても全然平気なのだが時々は真央の置いてるコレを失敬する事で、何かつながりの様なモノを感じているのかも知れない。

 そして少しだけのヤボ用を済ませてから、PCのある机の前へと座る。髪はまだ乾いていないがドライヤーはあまり好きではないし、うるさいので冬でもワザワザ乾かす様な事はしない。

 最近のゲームは昔とは違って余りハードには依存しないようだ、ゲーム専用機というのもあるが、PCやマルチメディアプレーヤーでも出来るようになっており、これは2010年代に起こった経済危機によって、メーカー各社の合併や規格の統合が進んだ事により、初めて実現した事で、それ以前ならメーカー毎やハード毎に別々のソフトが必要と云う、今では信じられないような事が現実だった。

 無論、ゲームソフトのダウンロード(DL)も出来るが、メーカー製のディスクからゲームをスタートした方がいろいろと特典がありゲームのスタートを有利に進める事が出来るのは、そこいらの小学生でも知っている事だ。

 無料のDL版で始めると初期装備もなくナイフ1本からのスタートらしいが、ディスクからスタートする場合はこの中にある武器を防具を選んで始める事が出来る。これは他のゲームでも同じなので、別に私がことさら物知りという訳では無い。

 ディスクからゲームを読み込み、コントローラーやモーションキャプチャーの設定を一通り終えると、ゲーム内での名前や性別・年齢・体型・肌や髪の色そして各部のパーツなどをこと細かく選ぶ事になる。

 この時はまだゲーム初心者だったので、迂闊にも実名の”ryo”で登録をしてしまったのだが、また最初から戻ってやり直すのもメンドウだったのでこのまま進める事にした。

 次に性別を選ぶのだが、男性を選んでしまった場合に、名前が実名なのでこれは何かヤバイと思い女性を選ぶ事にしたのだが、何故かオカマになったようなヘンな気がしたものだ。でも、少しの間だけの事なので気にはせず他の項目も選び終わると、これで仮想空間での私が誕生した事になる。

 防具については、どれがイイのか良く分からないので、見た目で選ぶ事にした。防具名は知らないが真っ白のコートのような服を選んだ。武器は一番見た目の良い長剣(名前なんていちいち見てはいない)を選んでからゲームをスタートする事にした。

 ここからは大山のヤツが渡してくれたヘッドセット(3Dゴーグル型)をかけて中を覗き込むと、これからスタートするこのゲームのオープニング・ムービーが流れてくる。大自然の中にもう滅んでしまった太古の文明の残存物がところどころに現存し、中世の頃の生活を主としているが一部の技術は復元されており、自然と機械文明が入り混じったような不思議な世界が目の前に大きく広がって行く・・・。

 ゲームがスタートして、段々とこちらの世界が現実みを帯びてくると、私はもうその世界の住人の一人となった・・・。

(P-5)へつづく!(更新は毎週火曜日の予定です)・・・次回はキノコクエかにゃ?。

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ます!。

2010.05.25 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第2話(P-5) / 桂木 けい

「え!何でキノコなの?」

 ここはアイシャティ・ビヴォーラと呼ばれる世界。そして私が立つこの大地は惑星ジルヴァーンと呼ばれており、数多の人が生活を織り成す。私はその地で生を受けた一人の仮想人格だ。

 今はラァグレイドと呼ばれる城砦都市を目指して歩いている。人口はおよそ800万人というから、リアル(現実世界)で云えば大阪市くらいの規模だろうか?。もう城門が見えているのでもうすぐ着くハズだ、着いたらここでギルドに加盟登録しないとこのゲームではクエスト(仕事の依頼)を受ける事が出来ない。当然だが仕事をしないと金(ゲーム内通貨)を稼ぐ事が出来ないのは、こちらも同じ事らしい。

 別にハンターという職業を選ばなくてもイイのだが、大山から貰ったディスクには、ハンター用の装備が在ったので、手早くそれを選んでおいたという訳なのだが、どうせ何回はしかプレイしないゲームだから、別に何でもイイと云うのが正直なトコロだ。

 前の方に続いて城門をくぐろうとしたら、衛兵のような格好をした男に呼び止められた。

「おい、あんた、あんたの入口はそっちじゃない!」

 何の事かはよく分からないのだが、相手に敵意は感じられない。口の利き方には少々「ムッ」と来たが、何分にも私はまだここの事情を良くは知らないので、ここはおとなしくあの男の言う通りにする事にした。

 男について行くと別のゲートへと連れていかれたのだが、良く見るとここには見るからにハンターのような御仁が大勢いる。一人ずつ中に入って行き、ここで今後の接続に必要なIDとPASSを発行して貰ってから、このゲームのチュートリアルを受ける為に訓練場のようなところへと案内された。

 ここまでの感想を述べるならば、なかなか良く出来たゲームと言わざるをえない、これはここへ来て初めて感じた事なのだが、こうなるともうこのゲームのリアル社会で評価(主に販売実績や株価への影響など)なんか、もう全然関係の無い事のような錯覚を受けるから不思議だ。さすがは2000年頃から続いているタイトルと言ったところか?。

 さっそく中では武器の取り扱いや、防具に関する事を教えてくれるが、どうせすぐに辞めるつもりだったので、あまり真剣に聞く必要はなさそうだ。こうして登録を終えた私に最初に与えられた訓練とはフィールドへ出ていろいろな素材を取って来るのだが、それは鉄鉱石だったりキノコだったりと素人の私には何故そんな事をさせられるのかが分からない・・・。ヴァーチャ・ハンター(VH)と言うくらいだから、武器を持って戦うゲームだと思っていたが、チョット違ったのかも知れないと少し考えてしまった。

 この訓練クエストには1人か4人までのチームを組んで出かけるのだが、初めてここへ来た私には、そんな友人(フレンドとかフレさんと言うらしい)など一人もいるハズは無い。まぁリアルでも仕事は基本的に一人でやる方なので、ここは一人で行って来る事にする。かえってその方が気が楽だと言うのもあるし、見知らぬ誰かに気を使ってまでゲームなんかをするのはゴメンこうむりたいと言うのが正直な思いだからだ。

 ”たかがゲーム”この時の私の頭の中にはこんな考えがあったのかも知れない。

 フィールドに200人くらいのハンター見習いが駆り出されて、皆がキノコだとか薬草なんかを集めている。それぞれに2~4人で固まっているのがパーティ(PT)なのだろう。PTになるとPT内通話と言ってPT内だけでの会話が出来たり、メンバーの位置がモニターのマップにマーキングとして表示され、お互いがドコにいるのかが分かるようになるらしいが、一人の私には関係の無い事だった。

 こうして特に目的もなくフィールドを散策しては、ここから見える風景や景色を楽しんでいると後ろから声を掛けられた。

「お嬢さん、こんな所で何をみてるんですか?」

 振り返ると、ホソマッチョな若い男が立っていてこちらを見ている。(おお!そうだった!女性キャラを選んでいたんだ!)腕を組んでこちらを見ている感じが何か偉そうに見えたので、すぐに追い払う事にする。

「オレは男だ、ステータスを見れば分かるだろう?」

 私の声はヴォイスチェンジされて女性ヴォーカルのような声になっているが、話し方そのものは男性のそれだから、もしコイツがガールハント目的ならば、コレで追い払えるハズだ。

「へぇ~アナタ、ryoさんって言うんだねw」

「だから、それがどうかしたのか?」

「アナタ初めてだから知らないでしょうけど、早く集めないと、またやり直しですよ?」

 そういえばクエストには制限時間があると教官の女性が言っていたのを思い出した。こんな野良仕事をするためにここへ来たのでは無いので、もう一度これをやって時間を浪費するのは正直避けたいところだ・・・。


(P-6)へつづく!(更新は、一応・・・毎週火曜日の予定で~す!)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ます!。

2010.06.01 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第2話(P-6) / 桂木 けい

 ここで少し説明をしておくと、現在のゲームというものは技術的にも大幅な進化をしており、このヘッドセット(3Dゴーグル)で覗き続ける事によって、リアル世界とは約2倍近い時差を作り出しており、その為に現実世界での1時間はこちらでは約2時間として認識されるようになる。それは最初にラァグレイドの城門に向かって歩かされたのを覚えておられるだろうか?、一見あの必要が無いとも思える、あの歩くと言う行為の時間こそが、我々プレーヤーの脳に視覚信号を送り、脳との同調(シンクロ)を行う為に必要な時間的なプロセスだったりするという事だ。

 リアルでは肉体などの制約により頭脳の持つ処理速度が束縛されているだけで、仮想空間の中のようにその制限を受けない場合では、むしろそれくらいの速さの方が脳にとっては本来の処理速度に近く、またストレスが少ないらしい。それにこの技術は今やゲーム以外の分野にも応用されているのが現在の日本という訳だ。

 この技術はまだ2年前の2025年に実用化がなされたテクノロジーだが、今では小学生でも知ってる事だ。では一度シンクロした状態の人間から、このヘッドセットをいきなり外すとどうなるのか?、それも簡単な事で答えは眠くなる、ただそれだけだ。これは一度シンクロした脳が通常の状態へと一気に戻る際に一時的に眠りに近い状態となり、その間に通常の脳波状態へと戻っていくので、安全性には問題が無い事が確認をされているが、メーカー各社は余りオススメをしていないようだ。

 だから、例え通常時間の1/2とは言え、何よりも時間を大切にするビジネスマンとしては、この時間の浪費だけは避けておきたかったので、今からはマジメに与えられた任務をこなす事にしよう。

 しかし・・・キノコの生えてるところが分からない><。良く見ると他のパーティはフィールドの端の方へと移動して、倒れた古木のところに集まっている。

(そうか!ゲーム内でも、ここなりのルールというか、自然の生態系があるんだ!)

 そう考えると何となくこの問題解決の糸口が見えて来た!。目的が明確になればそれに向かって行動を考えてすぐに実行すればいいだけなので、私も他のパーティと同じくフィールド内の古木に向かってレア・キノコなるものを探す事にした。

 そうそう歩きながらする事がある、ヴォイス・チェンジャーの設定変更だ。今は確かデフォルトだから女性ヴォーカルみたいな声になっているが、これを男性のものに設定をする。ナチュラル・ヴォイスといって肉声をそのまま使用する事も出来るが、これではリアルの知人(それも会いたくないヤツ)と出合った時に話し声で本人が分かってしまう可能性があるので、使用している方はほとんどいないだろう。

「あ~、あ、あ、あ~」

 白いコートドレスを纏った、それもキレイでセクシーな雰囲気の女性キャラクターから発せられる、男性特有の野太い声というのは・・・全然マッチしないどころか、かつて一度だけ取引先の専務にムリヤリ連れていかれたドコゾのオカマバーを連想させるものだった・・・orz。(店の名前は確か「Pink Snow」と言ったか・・・?苦い思い出の一つだ・・・><)

 急いで他のヴォイス設定も探すのだが、男性カテゴリーの中にはいいものが見つからない。あきらめつつも、もう一度女性カテゴリーのサンプルを上から順に聞いいると・・・。26番目にやっと気に入ったものを見つける事が出来た。それは良く聞いてみるとやはり女性的ではあるが、どちらかと云うと中性的な印象の声で、最初の設定のように明らかな女性声とは全然違うものだった。またこの声なら今のキャラクターの姿ともマッチするので、私はこれを選ぶ事にした。あとはマイ・キャラのプロフィール欄にある「男性です」と云う部分にも強調表示の設定をかけておいた。

 これで一応のマイ・キャラ設定も終わったので、あとは制限時間内にレア・キノコなるものを集めて持ち帰ればクエストが完了するのだが、それについては少し急ぐ必要がありそうだ。ゲームメニューから依頼内容を確認すると「レア・キノコ20個の納品」とあるが、ポーチには10個までしか入らないので、一度ベース・キャンプへと戻る必要があるが、これはあまり離れたところで採取をしても、戻るまでの時間を考慮しなければタイムロスが大きくなる事を意味する。

 くよくよ考えても仕方が無いので、とりあえず出来る事からやって見る事にするのだが、ここのフィールドでは他のパーティがほぼ採りつくしているみたいなので、早々に隣エリアへと移動し、今度は他のプレーヤー達よりも先に採取を行う事にした。

「ryoさん、エリア移動するんですか?もしよかったら一緒に行きましょう」

 初めてやるゲームだ、相手がどの程度のビギナーなのか、この段階では判別しかねるが私ほどのシロウトでは無いだろうと考え、ここは同行する事にしたほうがメリットが大きいと判断をする事にした。

「そうですね、では宜しくお願いします。」

 こうして私は、この馴れ馴れしいRyle(ライル)という男と二人で、キノコを集める為に隣のエリアへと歩いていったのだった。


(P-7)へつづく!(更新は、一応・・・毎週火曜日の予定ですが、そろそろストックが・・・!)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ます!。


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。