--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.10.17 *Mon

【小説】 「ネットの彼女」 第6話(P-52) / 桂木 けい

 こうしてpinksnowさん(ピンちゃん)が来てくれたオカゲで、公式昇段試験をソロで(一人で)受ける事は無くなったが、まだ2人とも武器や防具の強化レベルが低くて、試験対象として選ばれるであろう次ランクのモンスターと対峙するには、やや不安が残ると言ったトコロか?。

 出来れば4人のフルメンバーで挑みたいが、せめてあと1人でも来てくれれば作戦の幅が広がり戦いやすくなるのだが・・・。

 この初めての試験に登場すると思われるモンスターには、以前にも遭遇した事のあるグリーンドラゴンも居て、なかなかカンタンには受かる事が難しい。また、その他にもアースドラゴンやウォータードラゴンなども出て来る事があるらしいのだが、希望的観測を述べるとしたら、彼ら(彼女ら?)は必ずしも“成竜“が出て来るとは限らないらしい。

 もし運良く子供(?)の竜と出会う事が出来れば、この試験は格段に成功率と生存率が上がるだろうが、自分の“くじ運”には余り自信が無いと言うのが正直なところだ。ふと、こんな事を考えていると、また“チリリン!”とクエスト参加者を知らせるベルがまた鳴った!。

hikaru:「おばん~♪よろしくなっ!」

 クエストボードの方からは、全身がライトグリーンの鱗から作成されたと思われる、とても頑丈そうな作りの鎧を来た女性キャラクターの方が、こちらへ歩いて来るのが見える。このゲームに限らず、見かけや声が女性だからと言って“中身”もそうだとは限らないのだが、実際の年齢や性別がどうであれ、イチイチ詮索していてはコチラが疲れてしまうので、もう余り気にはならなくなってきた。

pinksnow:「おばんぢゃないわよぅ~!」

 ピンちゃんの全身がピンクの衣装を来たキャラ(?)から発せられる、彼の野太い声を聞く度に少しだけ笑いを堪えなければならないが、もうそれほど気にはならなくなってきた。

hikaru:「む?ならオッサンかw」

pinksnow:「オッサンぢゃないわよぅ~><!」

 “おばん”とか“おばさん”と言ったワードに敏感そうなピンちゃんだが、初めて一緒になる方が相手でも、いつもの調子は変わらないらしい・・・。

hikaru:「なぁ~んだ!あんたオカマだなw?」

pinksnow:「くぅ~・・・><!」

 容姿と声は若い女性のモノだが、この話し方からするとhikaruさんも男性のようだ。もっとも私のキャラクターも女性キャラを使用しているので同じ穴のナントカなのだが、この歯に衣を着せない話し方は、まだ学生さんなのかも知れないな?。

ryo:「そろそろクエストに行きましょうか?」

 何はともあれ“せっかく“3人集まったパーティなので、このまま彼らが仲違いをしないうちにクエストへ出かけた方が良いと判断して、2人を連れて出発ゲートへと向かう事にする。

 今回の公式昇段試験と呼ばれるクエストでは、行き先と対象となるモンスターについての公開情報は与えられておらず、フィールドへ着いてから初めて判るようになっている。そして、私たちパーティが到着したのは“平原”と呼ばれる所で、ココから北東へと向かえば海岸が広がっており、反対の北西へ進めば山岳地帯となっている。

 ベース・キャンプの出口の所にはギルドの女性職員さんが1人立っていて、今回のクエスト内容を教えてくれた。その内容とは・・・?

『公式昇段試験:ロードランナー1頭の狩猟』

ryo:「何?このモンスター??」

pinksnow:「たぶん地竜の一種で、コッチに向かって突進してくるヤツぢゃないかな?」

hikaru:「オレ戦ったコトあるよ~!」

 ヒカルさんのHRも私と同じくらいだったので戦闘経験があって当然なのだが、ピンちゃんの方はと言うと、何故か?余り戦ったコトが無いような口ぶりだった。もしかすると余り遭遇しない類のモンスターなのかも知れない。

 初めてのモンスターと戦う時に経験者が居れば“何かと“と心強いのだが、hikaruさんとパーティを組むのは初めてなので、みんな上手く連携が取れるかどうかもクエストを成功させるには欠かせない要素だ。

hikaru:「たぶんコッチにいると思うよ!」

 身の丈よりも、ずっと長い太刀を背負いながらhikaruさんが走り出すと、ピンちゃんと私も彼の後に続いた。彼が向かったのは北西方向へと続く道のりで、後ろからついて行く分には山岳地帯を目指しているようにも見える。

 いつもならば、この辺りにはジャボスなどのザコモンスターが居るはずだが、今回は何故か?ヤツラの姿を見る事は無い。いつもとは違った周りの状況に気がつき、このクエストが通常のモノとは違うという事を無意識に感じ取った。

pinksnow:「ねぇ、まだなのぉ~?」

hikaru:「もうスグかな~?そろそろ居てもイイ頃なんだけど・・・」

 すると“ゴゴゴー!!”と地響きが聞こえてきたのだが、まさかコレ・・・地震じゃないよね><?。


(P-53へ続くにゃ?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

おやすみ~
一ヶ月ぶりの「ネットの彼女」おもしろかったよ♪
これからの展開にも期待!
ワクワク☆ドキドキ☆
2011/10/18(火) 01:56:48 | URL | Mio #- [Edit
Mioさんへ☆
おはにゃ~です!。

「ネットの彼女」のお話しの時には、
いつもコメントを書いて下さる方がいないので、
”不人気”なのかなぁ~><?と少し考えてます・・・。

この後の展開は、もうすでに考えてあるのですが、
なかなか打ち込んでる時間が無くて、
またクエストのお話しがありますと、
やはり、そちらが優先になりますから、
次はいつ頃になるかな・・・><?。

いつもコメントをありがとにゃん♪。
2011/10/18(火) 06:13:23 | URL | kei #YG9ONXHE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。