--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.08.28 *Sun

【小説】 「ネットの彼女」 第6話(P-50) / 桂木 けい

「上位ランクを目指して?!」

 ネットを使ったコミュニケーションを基本としたゲーム(ネトゲ)をするようになってから、昔ながらの“TVゲーム”に対する認識が少しずつだが変わり始めていた。

従来のゲームには物語りのシナリオなどが予め仕込まれていて、プレーヤーたちはその軌跡を追ってストーリーを進めていかなくてはならなかった。しかし、ネトゲには世界観や設定は数多くあれどストーリーが決められている訳では無くて、そこで出会った他のプレーヤーさんたちとの関りが一種の物語性を伴い、シナリオの無いストーリーとなって行く。

 一晩のうちに何万人ものプレーヤーさんたちがラァグレイドの城塞都市に集って、幾多もの出会いと別れがあり、数多くのクエストへと旅立って行く。みんなリアルではそれぞれの事情を抱えながら、それらのやるべき事を終えてヴァーチャルでの生活を始める。

 ここではリアルでの立場や名声は意味を成さない。性別、年齢、職業など全く関係の無い世界の中で、ドコのドナタかも知らないまま、その方のアバターを通じてご本人さんとのお付き合いが始まります。

 今までに出会ったライルやララさんやピンちゃん。それにSkyさんにMANAさんなど、ネットの世界で会えばフレさんと呼ばれる友人関係ではあるが、もしリアルですれ違ったとしてもお互いを知る事は無いだろう。

 せっかく何万分の1の確率で出会ったとしても、いつまでも一緒に居られるワケでも無く、リアルでの事情によってゲームを去って行く人も多い。お互いに正体を知らないままの友人関係は実にモロく出来ていて、ちょっとした誤解が元で諍いになり別れて行く事も多いのが実情だ。

 またネットの中にも変わった方が居て、相手が困る行為を作為的に行うプレーヤーも存在する。俗に“フンター”と呼ばれる輩の事だ。新人プレーヤーをイジメたり、女性プレーヤーに付きまとったり、クエストのジャマをするなど、そんな事をして一体何が楽しいのか?と思うのだが、リアルであれヴァーチャルであれ、そこに居るのは紛れも無く“ヒト“と呼ばれる存在である。

それらが集まって社会を形成している構造は同じなので、リアルで起きている問題は、実はそのままヴァーチャルでも起きる可能性を孕んでいる事に気づくべきだろう。

 ぉおっと!らしく無い事を考えていたら、ゲームのロードが終わってラァグレイドに到着したようだ。今日は今までに狩ったモンスターの素材を元に、現在装備しているクロスボウガンEXよりも、もっと強力なボウガンを作成するのが先だったな?。

 手持ちの素材としては・・・ジャボスとハミング・バード、それに、クエストの途中で拾ったグリーンドラゴンの鱗も少しあるが、まだコレだけでは作成出来るモノは限られてくる。

 貫通弾が速射で撃てるジャボスガンと、麻痺弾や毒弾も装填可能なハミングライフルが作成リストに出てきた。貫通弾メインで戦うならジャボスガンも良いのだが、この前のようにパーティ戦になった場合には状態異常弾などのサポートも必要だろう。今の所持金で2つ作ってしまうと強化費用が乏しいので、とりあえずはドチラかを選ばなくてはならない。

 他のベテランプレイヤーさんたちのように、一人でモンスターを倒せるのなら攻撃重視のジャボスガンなのだが、これから先はもっと強いモンスターたちと戦う展開が予想される事を考えると、やはりパーティ戦で便利なハミングライフルかな?。

 “サポガン“と言うと何か他人任せでイヤな響きがするが、まだソロでモンスターたちを倒すには武器も防具も弱く、何より戦闘経験が不足していて今のままでは力が足りない。このまま一人でガンバルのも手だが、パーティ戦で素材を集めた方が効率が良いのも事実だ。

 一人で確実に勝てる確信が無い以上は、より安全で効率の良いクエストに集中して、もっと多くの素材を揃えた方がイイのは誰の目にも明らかとなると、やはり次に作成するのはハミングライフルと言う結論になる。

 武器工房の中でリストからそれを選ぶと、店の奥の方からトンカンと何かを作っているような音がして少し待たされると、店員さんが新しいライフルを手渡してくれた。木と鉄とモンスターの素材を使用したカスタムメイドのライトボウガンで、同じ素材と同じ代金で作ったとしても“必ずしも”全く同じモノでは無くて、気にならない程度ではあるが、攻撃力や会心率などが微妙に違っているのがレディメイドのボウガンと違うトコロらしい。

 もしこれがリアルなら、やれISOだとか、やれ製造者責任がどうこうと、全く同じ製品を生産しなければならない現代の産業界とは違って、その場限りの“一品生産“の雰囲気があり、私はこのシステムに少し好感を覚えている。


(P-51へと続くにゃ?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。