--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.08.05 *Fri

【小説】 「ネットの彼女」 第5話(P-47) / 桂木 けい

MANA:「そゆコトなら、任せてね~♪」

 ・・・と、サラリと陽動役を引き受けてくれたMANAさんが、まるで“お買い物”にでも行くような感じで先に隣エリアへと戻って行ったが、もしかすると彼女も前作からのプレイヤーさんで、今は私たちと同じ“下位ランク”に居るのは、このゲームに復帰してから、まだ間が無い方なのだろうか・・・?。

Sky:「少ししてから私たちも入りますので、宜しくお願いします!」

ryo:「気をつけて下さい」

 一緒に入ってしまって、MANAさん以外の2人が先にグリーンドラゴンに見つかってしまわないように時間をズラしておく。そうする事でモンスターの標的をMANAさんに集中させておいて、そのスキにハミング・バードをパパっと捕獲してしまおうと言う作戦だ。

 少し待ってからSkyさんと一緒に隣エリアへと突入すると、グリーンドラゴンの注意を引き付けたMANAさんが、私たちの入って来た方向とは別の方へと走って行く姿が見えた。

MANA:「今のうちですよ~♪」

 グリーンドラゴンの心配が少しの間だけ去っている今のうちに、あそこで小さな円を描きながらシッポを上にあげて歩いているハミング・バードへ近づいて行き、麻痺弾を装填してから狙いを定める。先に撃ってもイイのだが、先行するSkyさんが斬りかかってから射撃を始めて、1発・・・2発とその弾数を数えておく。

 最初の麻痺から数えて3回目だから、8発か9発も麻痺弾を命中させれば麻痺拘束を行う事が出来る計算で、Skyさんがその足元でガンバっている間に次の麻痺を準備するのだが、手持ち分の8発全てを撃ち切っても麻痺を誘発する事が出来ず、麻痺弾の調合をする必要が出てきてしまった。

 幸いハミングバードの向こうにグリーンドラゴンが見える位置に居る為、調合中に不慮の事故に遭う確率は少ないと思われる。カメラのフレームに2匹を捉えたまま無防備な調合を終わらせると、スグに次弾の再装填を行い標的を狙う。

 9発目の麻痺弾が命中してハミングバードをシビビ状態にすると、今度は通常弾に切り替えてからダメージを稼ぐ事にするが、この時にMANAさんからチャットが入った。

MANA:「みんな気をつけて!そっちに行ったわ!!」

 まだ大剣を背中に構えた状態のSkyさんに狙いを定めたのか?、グリーンドラゴンが低空から滑空状態で距離を一気に詰めて来るが、当のSkyさんはまだハミングバードへの一撃を振り下ろすツモリのようだ!。

 私はとっさに閃光玉を投げてみたが、これまでマトモに当てた事が無いのが自慢(?)のアイテムだったので、やっぱり役立てる事が出来なかった。一面が真っ白にホワイトアウトを起こした後で、下に落ちているハズのグリーンドラゴンはピンピンしており、逆にこのピンチを救いたかったハズのSkyさんが地面へと転がっていた!。

Sky:「み、見えなかった・・・><」

ryo:「す、すいません・・・orz」

 地面から起き上がったSkyさんを、2匹のモンスターが取り囲んでいると言う最悪の状態になったワケだが、運良く(?)ハミングバードに目くらましが効いたと見えて、クラクラと頭を揺らしながら足取りが危うい状態になっている。

MANA:「グッジョブです!」

ryo:「そうかなぁ~><?」

MANA:「今のうちに捕獲の準備ですよ~♪」

Sky:「そろそろ捕獲出来るかもです!」

 体力ゲージが2/3くらいに減ってしまったSkyさんだったが、まだコレくらいで回復薬を飲んでいる時間は無くて、ターゲットにされたグリーンドラゴンの相手をしてくれている。そして、もう1人のベテランさんであるMANAさんも、まだコチラに向かって走っている最中で到着していない状態となると・・・、カンジンの罠を仕掛けるのは私しか残っていないと言うコトになるかな?。

 モタモタしていてはチャンスが去ってしまうので、急いでシビレ罠の設置を試みる。

“クァァァァァァ~!!”

 急に目が覚めたハミングバードが両方の翼をいっぱいに広げて大きな鳴声を上げる。まだ罠をセットしている最中なので動くコトが出来ない状態なのだが、このスグ後には翼を横に開いたまま体をクルリと1回転したからタマったモノでは無い・・・。

ryo:「うわぁっ!!」

 タダでさえ薄い防具を着ていると言うのに、こんな至近距離からダメージを受けてしまっては、たとえ一撃死では無いとしても半分以上の体力ゲージを削られてしまい、次の攻撃を耐える事は恐らく無理な相談だ・・・。

 だが、この攻撃を受けて“運良く?”吹き飛ばされたオカゲで、2匹のモンスターたちから距離を取る事に成功し(?)、次に来るハズの“トドメの一撃”からは無事に逃れる事が出来たのだが・・・。


(P-48へ続くにゃ?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。