--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.07.30 *Sat

【小説】 「ネットの彼女」 第5話(P-46) / 桂木 けい

 エリア7へ進入すると、ハミング・バードがこの先のドコカで鳴き声を響かせているが、前回までの“グオォォォォ!”と言ったような、ゴツイ鳴き方では無くて、“クエックエックエッ”と何かを唄っているような?そんな気さえする感じの鳴き方だ。もしかすると、さっきまでの鳴き方は“怒り状態”だったので、あんな野太い鳴き声になっていたのだろうか?。

 しかし、どのように鳴声が可愛くとも、かのモンスターはQEENさんを“ほぼ”一撃で倒してしまうほどの実力の持ち主であり、私くらいのレベルでは、まだ一人で戦うには、ちと荷が重い相手でもある。

 先行するSkyさんとMANAさんの背中を追いかけながら、フトこの先にある樹木が生い茂った部分を見ていると。その上の方に緑色の翼がチラリと見えた。

「今、何か見えましたね?」

「居ましたね~♪」(by MANAさん)

「あれ本当にハミング・バードかな?」(by Skyさん)

 そう言われてみると、ライムグリーンと言うよりは、もう少し落ち着いた、色の薄い緑色のような感じだったかも知れない・・・。ですが、ココからでは距離があって、遠くのモノほど空気層のフィルターを通して見るコトになるので、本来の色よりも白で薄めたような発色になるハズだ。

 結局のトコロ、この時点では、先ほど見えた“アレ“が何なのか?答えを出せずに居るのだが、もう少し近づいて見れば事実が判明するという事で皆も納得したようだ。

 イロイロと考えを巡らせていると、もう樹木が生えていて視界の悪い場所に入った。ココを抜ければ広い平地になっていて、恐らく敵はソコに居るハズだとSkyさんが説明してくれている。

 そして、木々の間を抜けて視界が広がると、ソコにはハミング・バードが待ち受けていた!。

「サクサク倒して帰りましょう!」(by Skyさん)

「は~い♪」(by MANAさん)

「上空に何か居ます!!?」

「おろ><?」(by MANAさん)

 戦闘体勢に入った私たちの上空を何かが通り過ぎて、その大きな影が地面に映し出される。ハミング・バードが呼び寄せるモンスターは何種類か居るが、私たちの参加している下位クエストで空を飛ぶヤツと言えば、グリーンドラゴンと相場が決まっている!!。

「作戦が必要です!一時退避します!」(by Skyさん)

「了解です!」

 ネコに出会ったネズミのように、今来た森の中へと逃げ帰るのだが、“プライド”を優先して無策のままで戦うには、リスクが大きくて賢明な判断と言えた。

 再び森の中へと入り、後ろから追撃される心配が無い事を確認してから武器を収める。グリーンドラゴンとの戦闘経験が無い私は、SkyさんとMANAさんの話を聴く事に専念する事にした。

「どちらか1匹が移動するのを待ちますか~?」(by MANAさん)

 これは2匹同時に戦った場合に被弾率が高くなる事から、防御力の低い私が撃墜される可能性が大きくて一番の安全策と言えそうで、残りの制限時間が多い場合にはコレを選ぶのも“有り”かも知れない。

「そうですね~・・・」(by Skyさん)

 他に何か良いアイデアが無いか?と思案中のようだが、まだ元気が残ってるハミング・バードと新たな敵を同時に向かえ撃つには、戦力が3名となっていて2チームに分かれるには少しハンパな人数になっている。

 クエストのマストオ^ダーはハミング・バードを倒しても、また捕獲そしてもOKだから、2匹同にとは言え攻撃を集中させるのは、やはりハミング・バードだろう。しかし、一撃死をするホドの攻撃力を誇るグリーンドラゴンを無視して、3人がハミング・バードだけと戦うには背中が少々“寒い“のも事実だ・・・。

 すると3名のうち1名が“囮“となってグリーンドラゴンの相手をする必要が出てくるのだが、果たしてソレを誰がするのか?という議論になっていく。味方の中で攻撃力が高い順番で考えると大剣を持つSkyさんとニンジャソードのMANAさんのお二人をハミング・バードの攻撃から外せないので、普通に考えればソレは私の役割となるが、初見の私では逆にヤラレてしまう可能性もあり、その後で2人vs2匹になってしまう展開を考慮するとコレもリスクが大きいと言わざるをえない。

「ryoさん、まだ麻痺弾の数は大丈夫ですか?」(by Skyさん)

「調合素材があるから心配はありません」

「なら決まりですね~♪」(by MANAさん)

 彼らが話していた作戦とは、Skyさんと私がペアとなりハミング・バードを捕獲する時間を稼ぐ為に、MANAさんがグリーンドラゴンの注意を引き付けておいて、エリア内の反対側へと誘導すると云う事で一応の決着がついたようだ。


(P-47へ続くにゃ?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。