--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.07.19 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第5話(P-45) / 桂木 けい

 このくらいの大きさのモンスターなら、麻痺弾を4発も撃ち込めば最初の麻痺拘束を行う事が出来るのだが、先ほどQEENさんが(ヤラレる前に)最初の麻痺を行ったので少しだけ麻痺に対する耐性が上がっている事が予想される。

 こんな事なら予め4~5発の麻痺弾を撃ちこんでおいて、あと1~2発で麻痺が出来る状態にしておけばよかったと考えるが、いまさらどうする事も出来ない。8発分の弾調合を終えて、2発ずつ装填しながら丁寧に狙いトリガーを引く。

「3発、4発目も命中!あと2発くらいかな・・・?」

その間にもダメージを負ったMANAさんが回復薬を飲む為にハミング・バードから離れて行こうとしているが、運の悪い事に背後から追撃されるカタチとなった!。

 MANAさんの着ているニンジャ装備なら、剣士用というコトもあって私の防具よりは堅固なツクリになっているハズだ。あと一撃で倒されてしまう事は無いだろうが、目の前の味方を、このままエジキにさせるツモリは無い。今5発目を撃ちこんだが、まだ麻痺拘束は起こらない。しかし、装填済みの残り1発を狙い撃つと状況が一変した!。

“クェェェェェ・・・”

 その大きなカラダと翼を強張らせて、ハミング・バードがまた情け無い鳴声をあげる。あと少しで敵のクチバシから逃れたMANAさんが回復薬を口にすると、体力回復のエフェクトによって彼女の周囲に明るいブルーグリーンの光が満ち渡った。

「助かりました!ありがとうです~♪」(by MANAさん)

「グッジョブです!」(by  Skyさん)

 この数少ないチャンスを最大限に生かすべく、Skyさんが渾身の一撃を叩き込むと、地面にバッタリと倒れ込んだハミング・バードにMANAさんも殺到する!。もうこのまま一気に倒せてしまいそうな気もしたが、さすがにラグ=ジャボスよりも上位にランクされているモンスターだけあって、まだこれくらいでは脚を引きずるトコロまでは行かないようだ。

(だが、相当なダメージを負わせているハズだ!)

 ムクッと起き上がると地上戦を嫌ったハミング・バードが、また滞空状態になりクチバシから緑色の唾液を周囲に飛ばして来る。間違って流れ弾にでも当たってはコトなので、味方の近接攻撃の二人が横に回避を行い、コレ以上相手との距離が開くのを防ごうとするが、そのまま私たちの頭上を飛び越えてフィールドの反対側へと移動をされてしまう。

“グォォォォォォ~~!!“

 自分ひとりでは勝てないと悟ったのか?、まるで誰かに助けを求めているような、そんな感じがしたのは私だけでは無かったようだ。

「また、あの鳴声だ!」(by Skyさん)

「ココからでは音爆弾を投げても届かない~><!」(by MANAさん)

「ココから撃っても届きません・・・」

 3人が同時に駆け出すがハミング・バードまでの距離が少し開いていて、スグに追いつく事が出来ないでいる。前を走る二人より先に私のボウガンが有効射程距離内に敵を捕らえる事が出来るようになるが、先ほどまでに装填済みの弾を撃ち尽くしていて、もう一度ボウガンを構えてから再装填が必要となっていた。

“グォォォォォォ~~!!“

 あのハミング・バードらしからぬ鳴声はまだ続いているたが、そろそろ射程に捕らえる距離まで来たので射撃の準備を行っていると、このひと鳴きを最後に翼を羽ばたかせて上空に飛び上がろうとしているようだ。

 しかし、この時も近接攻撃隊の二人は、まだ敵に詰め寄るどころか、その前方20mくらいのトコロを走っていて到底次の一撃が間に合いそうに無い。ガチャリと通常弾を装填し照準を合わせるが、私たちハンターを“あざ笑う“かのように、その周囲を1週半くらい旋回をしてから、西の空へと飛び去って行ってしまった・・・。

「あ!ペイントし忘れてた><!」(by MANAさん)

「また探せばいいですよ・・・」

「ここから西へ向かったとすると、エリア6か7あたりでしょう」(by Skyさん)

 ココからエリア6方向へ進むと、途中でジャボスたちの巣があるエリア5を通過する必要があるが、この二人と一緒なら余計な心配をする必要は無さそうだ。また、このまま海へと出てエリア8から迂回するという手もあるが、その場合はラグ=ジャボスよりも、もっと“やっかい“な相手と遭遇する可能性があるので、今の状況で実際にこのルートを選択支に入れる事は無いとSkyさんから聞いた。どちらかと言えば避けて通りたいくらいらしいのだが・・・。

 途中で問題のエリア5を通過するが、幸いにもラグ=ジャボスは居らず、ザコを何匹か退治するだけで無事に通過する事が出来た。そのままエリア6へと入り奥の方へと進んで行くと、エリア7へと飛び去るハミング・バードの姿を目撃する!。

「やっと追いつきそうですね!」

 順調に推測通りのルートを辿って標的を追い詰めて行くと言うのに、明らかに二人の言葉が少なくなってきた理由を、この先のエリアで知る事となる。


(P-46へ続くにゃ?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。