--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.06.19 *Sun

【小説】 「ネットの彼女」 第5話(P-40) / 桂木 けい

「新人区にて・・・」

 あれから何日かが過ぎて、当初はタダの様子見だけで辞めようと考えていたヴァーチャ・ハンター(VH)だったのだが、あの大きなラグ=ジャボスに出会ってしまい、その迫力に逃げ回ったという事もあり、このままゲームを終えるには、どうしても釈然としなくてムキになっていたような気がする。

しかし、その後にフレさんと言って仮想空間の中での友人と出会い、彼らと一緒に協力をして、無事(?)にクエストを完了させるところまでは辿り着く事が出来た。

 本来であれば、もうこの時点で当初の目標はクリアが出来ていて、いつこの世界を後にしてもイイはずなのだが、何故か?もう少しだけ続けてみたいと思った。特にコレと言って理由は無かったのだが、この“ゲームの面白さ”について少し判りかけてきたせいだろう。

 その後も、見知らぬ者同士が集まってクエストの同行者を探す“自由区”というトコロへ行くようになるが、まだ私が持っている装備が弱い為に、いくつかの酒場ではメンバーに加えて貰う事が出来なかった。

 このゲームでは、先の“自由区”以外にも様々な特区に分かれていて、その中でも私のようなゲーム初心者さんたちが集まる、“新人区”という場所が有る事を知るに至った。

 そこは、まだゲームを始めてプレイヤーレベルが低いハンターの為に用意されたトコロで、どの酒場や広場においても次々にクエストの募集がかかり、その往復をするといった非常に活気のある街に見える。

 多くのプレイヤーさんたちは、ココでクエストの内容やターゲットとなるモンスターに慣れておいて、その弱点や報酬などに関する知識を増やして行くコトになる。また、この街に居る間に、持っている装備を強化して更に上のクエストへ行く準備をしながら、武器についても同様に強化を行うと共に、モンスターによって効き目の高い種類のモノを揃えておく必要がある事も知った。

 この“新人区”と呼ばれる場所では“とにかく大勢”の方たちが居るが、皆が早くHRを上げて“自由区“へ行こうと必死になっているせいか?、以前に知り会ったフレさんたちと一緒に行ったクエストとは違った印象を受ける。

それは“楽しくチャット”をしながらと言うよりも、効率良く敵を倒す為だけの”情報のやりとり“と言った感じが拭えず、最低限の挨拶と敵の位置を教えあったり、作戦の連絡など、まるでNPC(ノン・プレーヤー・キャラクター)と会話しているような気がしたものだ。

 しかし、それでも中には面白い方も居て、何もかもをゴチャ混ぜにした一つのコミュニティを形成しているようにも見える。たとえ仮想空間の中とは言え、そこに集まるのは“ヒト“なので人間関係が出来て来れば、気の合った物同士が徐々に集まりサークル(?)のようなモノが出来てくる。

 以前に知り合ったフレさんたちを、最近この新人区で見かけなくなったので、もう私より先に上位へ昇格をして、ドコカの自由区の街で楽しくやっているに違いない。

 平日は仕事が終わって帰宅をしてから、僅かな時間しかプレイをする事が出来ないので、なかなか素材を集める事が出来ないが、それでも毎日のように少しずつゲームをする時間を作っては、コツコツと装備やボウガンを強化している。

 あれから何度かラグ=ジャボスと戦っているが、もう大分動きを覚えたので以前ほど苦戦に追い込まれる事は少なくなったのだが、またしても新たな敵が私の前に立ち塞がろうとしている。
 
 その敵の名は“ハミング・バード”と言って、ライムグリーンの羽根を持つプテラノドンとダチョウを足して2で割ったような?ヘンテコな鳥で、一見するとラグ=ジャボスよりも弱そうに見えるが、これがなかなかの強敵だったりするから困った話だ。

 今度の敵はラグ=ジャボスとは違って空を飛ぶのだが、翼の大きさが自重に対して十分では無いみたいで、一度にそれほど遠くまでは飛べない事が弱点の一つなのかも知れない。しかし、地上に降り立った場合には、陸上生物に負けないくらいの脚力を有しており、その突進の早さではラグ=ジャボスを凌ぐスピードを誇る。

 これがもしニガテな剣士装備で来ていたとしたら、とても戦いには成らなかった公算が大きいのだが、幸いにもボウガンなら射程距離内で捉えさえすれば、相手が空中で滞空していたとしても攻撃する事が可能だ。

 以上はネットと戦闘経験を元にした“ハミング・バード“の能力解析だが、まだ1人で勝つには(私の腕では)難しいようで、もう何度かベース・キャンプ送りにされている。このままソロで時間をかけてもイイとは思うのだが、もう先に上位へ行ってしまったフレさんたちに“追いつきたい“という思いもあり、この新人区へクエストの同行者さんを求めてやって来たというワケだ。


(P-41へ続くにゃ?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。