--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.03.18 *Fri

【小説】 「ネットの彼女」 第4話(P-33) / 桂木 けい

 手早く残りの2匹にトドメを刺してから、先行しているハズのpinksnowの後を追って、次のエリアへと進む。最初に出会った群れを倒しておいたので、コレで後方からの挟撃を受ける事は無く前方の敵に集中する事が出来るハズだ!。

 次のエリアへと入って行くと、もう少し向こうの方で戦闘音が聞こえてくる。途中でザコのジャボスが何体か倒れていて、それまでの激戦の様子を物語っているが、幸いな事にまだ同行者の体力ゲージはほとんど減っていないようだ。

「今そっちに向かっています、ガンバって下さい!」

「ダイジョブよ~んw」

 近づくにつれて戦いの様子が見えてきたが、ラグ=ジャボスが1匹とザコを10匹程度確認する事が出来た。回避行動に忙しそうなpinksnowだが、回避の合間を見つけてはボウガンを振り回して攻撃を繰り返しているのが見える?。もしかして、先ほど2人で分けた散弾を撃ち尽くしてしまったのだろうか?。

 今の状況から考えてみると、ザコたちのタゲ(ターゲット=標的)がpinksnowに集中していて、後から入って来た私の方には、まだ気づいて居ないようだ。彼には悪いがこのままザコを引き受けて貰っている間に、ボスへと近づいて行って強力な火炎弾で攻撃をするチャンスだ!。

 pinksnowが戦っている場所を迂回するように移動して、ラグ=ジャボスまでの距離を少しづつ詰めて行く。もう射程距離内には入っているが、あと少し近づけば最大のダメージを期待する事が出来る”クリティカルHIT"距離まで接近する事が可能だ!。

 ココまで来れば後は射撃をするだけなので、チャリとボウガンを構えて移動をする事になるが、コレは敵に見つかった時に先制攻撃を行う為の準備でもある。

「pinksuowさん、そのままザコたちを引き付けておいて貰えますか?」

 もう正面には宿敵であるラグ=ジャボスを捉えていて、あの憎たらしいドタマに向かって狙いを定めている時だった。

「え~~?!そんなのムリよぅ~><」

「なんでですか?」

「だって、もう来ちゃったものぉ~~><」

 スグに後ろを振り返ると、ボウガンを背負ったままの状態でコチラに向かって全力疾走をして来るpinksnowと、その後ろからはご丁寧に4匹のジャボスが追いかけて来ていた。気が付けば私の方も、もうとっくに発見状態となっており、このままでは前方のボスたち一緒に挟まれてしまい窮地に追い込まれてしまうだろう。

「せめて1発だけでも撃っておけば良かった・・・」

「そんな弱気じゃダメよぅ!」

「一体・・・誰のせいだと思ってるんですか~!」

「え!あちし?・・・ゴメンねぃ~~><」

 最初に説明しなかった事は悪いが、ワザワザ私まで巻き込む必要は無かったハズだ。しかし、もう起こってしまった事をクヨクヨ考えても仕方が無いので、次の展開に向けて準備をする必要があり、このまま2人並んで走っていてもラチがあかないな・・・。

 私のボウガンにはスデに火炎弾が装填されているので、このままボスを狙いたいのだが、今の状況では後ろのザコたちを何とかしないとモミクチャにされてしまいそうだ。ココはpinksnowにガンバって頂いてザコを引き受けて貰い、ボスとの1対1の状態を作る事が出来れば何とかなるかも知れない。

「pinksnowさん、ザコをお願い出来ますか?」

「まかせてちょ~!」

 少し勿体無い気もするが、彼と一緒に装填済みの火炎弾を使い。後方のザコ4匹を仕留めておいてから、pinksnowに先行して貰ってザコたちと戦闘状態になるのを待つ。もう私の方も発見されているので全てを引き付ける事にはならないが、それでもヤツらから見て近くにいるプレーヤーをターゲットにする確率が高いので、再び迂回をしながらラグ=ジャボスへと近づく事にする!。

 ボウガンを構えずに相手の攻撃を避けながらキックやパンチで器用に反撃をするpinksnowだが、大したダメージを負わせる事にはならず返ってジャボスたちを怒らせる結果となり、”引き付けておく”という観点からすれば十分にオトリ役をこなしてくれている事になる。

(もうホントに上手いんだか何だか判らないや・・・)

 ザコたちの群れに混じってターゲットのラグ=ジャボスがpinksnowを狙っているが、その後ろ側へと回り込む事に成功して背後から射撃を行う!。

”バン!バン!バン!”

 背骨の辺りに命中した火炎弾が着弾して”ボウッ!”と一瞬だが燃え上がるようなエフェクトを起せば、ラグ=ジャボスが「ギャウッ!!」と鳴いて身体を強張らせるようなアクションを見せる!。

 さすが値段の高かった火炎弾と言うべきか?!。いつもの通常弾とは比べモノにならないくらいの威力を秘めているようで、この分ならポコッと倒す事が出来そうだと、またまたカンタンに物事を考えてる私が居た。


(P-34へ続くにゃ!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。