--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2011.02.16 *Wed

【小説】 「ネットの彼女」 第4話(P-26) / 桂木 けい

 最初の1発を外してしまったが、小型肉食竜がコチラへやって来るには、まだ少しだけ距離があるので焦る必要はドコにも無い。2発目は相手の着地を狙って撃ってみると今度は上手く命中をして「グギャン!」と鳴き声を上げて怯ませる事が出来た!。

 攻撃が命中した固体が少しだけ後ずさり、体勢を立て直してからコチラに向き直る、その間に残りの3匹が先頭の1匹を追い越して来るので、もうコレ以上この場所へ留まる事が出来ない。

 先ほどの1匹も、先行する3匹の後ろからジャンプをして近づいて来るので、また4匹と対峙する事になるが、このまま後ろへ下がって3発、4発と続けて射撃を行った。

 先頭の“ジャボスモドキ”に攻撃が続けて命中すると、一度倒れるのだがスグに起き上がってしまい、またコチラへと突進を再開してくるからキリが無いな・・・。

 この時点になると、射撃をするには距離が近くなっていて、場合によっては攻撃の最中に跳びかかられてしまう恐れがある。しかしココで後ろに向き直るのは背中がガラ空きになる恐れがあり、余り気持ちの良い行動では無いと直感的に悟った。

 後ろがダメなら前に進むしか手は無くボウガンを構えたまま走り出すと、前方からはジャボスモドキが迫って来るが、相手が着地する場所さえ避けて走っていれば、とりあえず攻撃を受ける事は無かった。また、目の前の小型肉食竜たちは、方向転換がニガテらしくて、一度すれ違ってしまえば振り向きの為に少しだけ向き直りの時間を必要としているようだ。

「そうか!」

 相手に距離を詰められてしまった場合に、思い切って前進をしてすれ違ってしまえば、振り向き時間の差でコチラが先に動けるという事だ!。相手が4匹も居るので注意が必要になるが、ジャンプをしても影を見ておけば相手の位置を見間違う事は少ない。そうなると次は跳躍してくる距離なのだが、これは慣れるしか無いな・・・?。

 それでも目の前の敵に対する攻略法が判っただけで、今回のクエストの成果としては十分だった。この方法で何度か射撃を行い手負いだった最初の1匹を含め、ほぼ無傷の状態で合計3匹を倒す事に成功し、最後に残った1匹については、もう消化試合と同じでポコッと倒せば戦闘が完了する。

「やっぱりボウガンって、強いのかも知れないな~?」

 でも多くのハンター諸兄が、大剣だとかランスといった近接武器を選んでいるのだが、きっと見た目がカッコイイとか性格的に合うかとか・・・そんな理由なのかな?。

 また今回の戦闘経験を積んだ事によって新たに判った事がある。それは先ほど相手とすれ違ってから振り向いた時に、相手が居る方向にキッチリと体の向きが合っていれば、ボウガンの銃口も体の正面を向いた状態になるので、その場合は照準を合わせ易くなり射撃までの時間がコンマ何秒か短くなるという事だ。

 これは仮定の話になるが、もしも、すれ違った後で相手の立ち止った位置が判るとしたら、そうなれば常に先制攻撃のチャンスがやって来る事を意味する。

 また相手モンスターには何種類かの行動パターンがあり、その時に出会ったモンスターの体格の大きさにもよるが、突進やジャンプによる移動距離は(慣れてくれば)大体の予想がつく。すると、先ほどの話では無いが、走って来た位置や、すれ違った角度によって後方のどの辺りに居るかさえアタリをつけておけば、もしそれが違っていたとしてもターゲットはそう遠くには居ないハズだ!。

 この射撃テクニックに気づいてから、何度も小型のモンスターたちを相手に練習を行い、そこそこの速さでこの“振り向き撃ち”が出来るようになった。

「これでガンナーの“ハシクレ”ぐらいには成れたかな~?」

 これくらいでガンナーを名乗れるなら、もうとっくにガンナーだらけになっているハズなのだが、この時はとにかく嬉しくて、早く大型のモンスターと戦ってみたいという気持ちが大きくなっていて、たとえ返り討ちに遭ったとしても前に進むしかないと考えていた。

 進むべき道さえ決まれば後は前に進むだけなのだが、このガンナーという職業は何かと物要りで、撃つべき弾を選んで持ってから、回復薬やトラップなどのアイテムも必要で準備に手間と時間を要する事になる。

 こうして準備も無事に終わり、いよいよクエストを選ぶ事になるのだが、倒すべきターゲットとして選ぶモンスターは、これまで散々な目に会わされてきた“ラグ=ジャボス”以外に選択肢は無いだろう!。ようやく一人のハンターとしてモンスターと戦う決意をすると、何故か自分が一回り成長したような気分になるから不思議だ。

そして今、使い慣れたボウガンを背に、クエスト受付へと歩き出すガンナーが居た。

(P-27へ続くにゃ!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。