--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.07.20 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第3話(P-14) / 桂木 けい

 クエストが開始してから今までで5~10分といったところか?。制限時間は50分あるハズなので、まだ時間は十分にあるが急いだ方がイイ理由もある。ライルが言うには、このステージの一番奥にあるエリア6にコイツらの巣があって、そこに親玉が眠っているらしいのだ。そしてその親玉が起きるまでに、このザコさんたちを倒すのが理想という事なのだが、それには私も賛成だ。

 まだ十分に慣れていない今の状態で、ワザワザそんなヤツと戦うのは得策では無いと考えるので、ここはライルの言うとおり、手早くザコさん達を片付ける為に次の群れを探して少し移動をする事にした。

 24匹のうち8匹を倒しているので残りはあと16匹だ。このザコさんたちが3~5匹でまとまっているのだとしたら4つの群れになっているハズなので、あと4回の戦闘で街に戻れる事になる。時間にして約20分くらいだろうか?。これくらいの時間なら、あのイヤな親玉が起き出して来る頃にはクエストが完了していて、私達は街へと戻っている事だろう。そう、誰かがワザワザあれを起こしに行かない限りは・・・。

 何故かココで冷たい汗が背中を濡らす。先ほど分かれたララは機嫌を損ねてしまったのか?、どうやら”隠密モード”に切り替えてしまっていて、ナビゲーション・マップ上に彼女のマーカーは表示されていない。(まさかね・・・)少し気になったので、ライルに先ほどのエリアへと戻ってみる事を提案すると、彼も一緒について来てくれると言うので、2人で隣エリアへと歩いて行く。

 エリアを移動してから、通話を「パーティ全て」に切り替えてララを呼んでみる事にする。

「ララさん、今ドコにいますか?」

 少し待ってみるが返事は無い。これは相当に頭にきてるのかもしれないが、あれくらいでヘソを曲げられていては今後のお付き合いはトテモ出来そうにない・・・。

「いた?」「イヤいないね~」

 大の男二人が顔を突き合わせて、ジャボスの群れがやって来た方向を見る。当然そこにはまだ何も無いのだが、”隠密モード”のまま私達の呼びかけにも答えない彼女の行方が少し気になる。

「ryoさん、これはマズイかもよ?」

 やはりライルも私と同じ心配をしているらしい。もう彼女の事を戦力だとは考えてはいないが、クエスト完了の為にはジャボスをあと16匹も狩らねばならない。戦闘時間にして約20分くらいが必要になるのだが、それはドコカの初心者がエリア6へと紛れ込んで、寝てる子を叩き起こすのには十分な時間でもある。

「で、どうする?」

 今ここで私達の選択支は2つある。1つはこのまま狩りを続けて、親玉が来るまでにクエストを完了させる事。そしてもう1つは、もう2つくらい先に進んでいるかもしれないが、ララを追いかけて連れ戻してからクエストを継続する事だ。

 どちらにしても残りの16匹を狩らないとクエストは完了しない。しかし、ララがエリア6に行っているのなら、戦ってる途中で親玉が乱入して来る可能性がとてつもなく高くなる。いつもの(リアルでの)私ならば、ここは迷わずにララを切り捨てて残りのジャボスを狩るという判断をするのだが、口から出て来た言葉は何故か違っていた。

「私が行って連れ戻してきますので、ライルさんは頭数の少ない群れを見つけて狩りを続けて頂けますか?」

 2人で狩るところをライル1人に任せるのだから時間が掛かるだろうが、余程の事が無い限り彼がヤラレてしまう事はおそらく無いだろう。それくらいは彼の事を信・・・そう信頼しているのだろう。(この私が、会って間もない人間に対して信頼だって・・・?)

 どう考えても効率の悪い、中途半端な行動を選んでしまったのだが、もしララが1人であの親玉と出合ってしまい噛み殺されるのを思い浮かべてしまうと、何故かこのまま放っておく事が出来なかった。

「では、また後で!」そう言ってライルと別れると、あまり気は進まないがジャボス達の巣があるエリア6へと向かって走り出した。

 マップにマーカーは表示されていないが、ララの体力ゲージはグリーンのままだったので、まだヤラレずにいるようだ。私の予想では1つか2つ先のエリアで追いつくと思うので、上手くいけば巣の手前のエリア5で彼女を見つける事が出来るハズだ。少しでも急ぐ必要があったので、途中で栄養ドリンクを飲んで走り続ける事にした。

 エリア3を通過して、その次のエリア4へと入る。ここではまだララの姿を見つける事は出来ない。

 エリア4は少し広いエリアで草原のようになっているが、ここには大型昆虫が居て間違って近づき過ぎてしまうと、こちらを攻撃に来るようなので注意して通り過ぎる事にする。

 少し先まで見渡せるトコロへと来たが、ここでもまだララを見つける事は出来ない。

(これは少し困った事になりそうだと私のカンが告げていた。)



(P-15)へつづく!(更新は毎週火曜日の予定ですが次回で一度お休みをするかも?)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ます!。
スポンサーサイト

COMMENT

ドキドキしてきましたw


時間経過でボス登場みたぃなタイムアタック的要素…ツボですww
(>□<)

やっぱりパーティにゎ1人ゎあたしみたぃなトラブルメーカーがいないとですよね~~wwwww
(-゜Π^-)b
2010/07/20(火) 10:47:36 | URL | Yuffie(ユフィ)☆ #- [Edit
Yuffieさんへ
いつもコメントをありがとにゃん!。

ブログと違って小説というものは、
なかなか作者に意図とは別の展開になる事がありますね!。

最初に考えていた”あらすじ”はあるのですが、
キャラクターたちが勝ってに動いていってしまい、
全然別の展開になったりしますね?。

このララさんも、
当初はフンターさんとして登場させるつもりでしたが、
書いておりますと何故か愛着が湧いてきてしまい、
P15以降では”愛すべきトラブル・メーカー”として、
主役級の活躍(?)をしてしまいます><;。

この先一体どうなるのでしょうね?。
2010/07/20(火) 11:26:19 | URL | kei #YG9ONXHE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

12 | 2017/03 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。