--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.06.22 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第3話(P-10) / 桂木 けい

「また行ってみようかな・・・?」

 次の日の夕方。この日は何故か心がソワソワして何か落ち着かない。今日は書類の作成が主な仕事で、夕方以降に会議の類は予定に入っていないハズだ。時計はもう夕方の5時を回っていたが、いつもならまだこれからあと一仕事はこなしてから帰るので、まだ早い時間だともいえる。しかし今日は何故か、この時間になり仕事をしていても身が入らない状態になっている。(おかし~な~)

 原因はもう分かっているが、”たかがゲーム”の為に、いつもより早く帰る事をもう一人の自分が良しとしないような不思議な感覚に少し戸惑う。私はゲームがしたいのだろうか?。答えはイエスでもあり、またノーでもあるというのが正直なところというべきか?。

 確かに、昨日の初めての経験は、私の中の”ゲーム”に対する何かを確実に変えていたというべきだろう。今までオモチャの延長上のあったソレは、少しだけだが私の認識を変えていたのは間違い無い。でもこの時のゲームに対する認識は、まだ映画や小説レベルの娯楽でしか無かったが、それ以前に”ゲーム”というだけで、どこか小バカにしていた事も考えると、これはその後に影響を与える大きなキッカケとなった事には間違い無いのだが、この時の印象はまだその程度だったのかも知れない。

 仕事場のPCの前に座ったままでじっと目を閉じる。これは私が何か迷った時にするクセのようなもので、こうして目から入って来る情報を閉ざしてから、考えるというより心の中のどの辺りに”引っかかり”があるのかを探してみる事にしている。

 意識を頭から徐々に下へと降ろしていって、首から胸の辺りへと集中させる。この辺りに何かがあるのは間違いが無いのだが、それが何なのかイマイチ判断がつかない。ただ一つだけ判る事は、こんな気持ちでは仕事の効率が上がらないという事実だ。今の仕事の中には特に特に緊急を要するものは無いので、今日もこれで帰る事にしようか?。

 会社から帰宅する途中でテキトーに食事を済ませて家路を急ぐ、(何を嬉しそうに帰ってるんだオレは!)と言ってるのは昨日までの私か?。まだ社にいればする事はあったかも知れないが、それはもう気にしない事にした。

 こうして一度決めてしまえば後は気が楽になる。目的が決まればあとは進むだけというのは心にストレスが無くて非常に気分がいい。心なしか足取りも軽いような気がする、いったい自分に何が起こっているのか考えてみるのだが、この不思議な気持ちを胸に自宅のドアを開ける。

 荷物をそそくさと置いて上着を投げすてるように脱いで、ネクタイを外す。PCの電源を入れてOSを立ち上げ、ゲームの読み込みを先にさせておいて、メールのチェックだけを済ませて先にシャワーを浴びる。

 こんな風に何かの遊びにワクワクするのは、一体いつ以来だろうか?。シャワーを終えて、部屋着に素早く着替えてPCの前に座る。いつも髪は乾かさずに、バスタオルで拭いただけで放っておく。そして、ヘッドセット(3Dゴーグル)とコントローラーをセットし、モーションキャプチャーの確認をすればゲームがスタートする。

 昨日にただ一度だけ来た城砦都市(ラァグレイド)だが、今日もう一度見てみるとグラフィックのキレイさと云うか、リアルさには改めて驚かされる。陽の光に照らし出された石積みの建物、また石張りの道路の端にうっすらと溜った水溜りには、空の青が映り込んでいる。本当に昨日は何を見ていたのだろうか?、これが先入観による認識の違いなのだろう・・・。私は今初めて生れ落ちた赤子のような目で、その世界をただ見ていた。

 今立っているのは、昨日のギルド訓練場とは違って繁華街のようなところだ。ここには沢山の店屋が軒を連ねており、ところ狭しと商品を並べている。中にはゲーム内でハンターをしないプレーヤーもいて、このようにゲーム内通貨を稼ぐ目的で店を構える方が居る事も、昨日のうちにライルから聞かされていたので、これもまたVHの世界での生き方の一つだと今は考えている。(本当にいろいろな方が居るのだなぁ~)

 これといって特にやる事もないので、今日も訓練場へと向かい練習用クエストの消化をする事にする。この練習用クエストというものだが、別に全てをクリアしなければいけないという代物では無いらしくて、昨夜のうちに新規登録したハンターの約半分近くは、もうクエストの受注をして、この世界に旅立っているとも聞いた。

 しかし、彼らの多くはチームや猟団のような組織の所属しており、たいていの場合はそれらのメンバーから手助けをして貰える場合が多い。

 だが私のように誰も知り合いが居なくて、またギルドの新人用公式チームにも所属していない場合には、それらの恩恵を受ける事は出来ないが、この世界へ来てまで組織のようなものに所属するのは少々ウンザリしているので、今後にどうしても行き詰まった場合にでも再考する事にしておこうか?。


(P-11)へつづく!(更新は、一応・・・毎週火曜日の予定です?!)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ますよ~!。
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。