--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.05.25 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第2話(P-5) / 桂木 けい

「え!何でキノコなの?」

 ここはアイシャティ・ビヴォーラと呼ばれる世界。そして私が立つこの大地は惑星ジルヴァーンと呼ばれており、数多の人が生活を織り成す。私はその地で生を受けた一人の仮想人格だ。

 今はラァグレイドと呼ばれる城砦都市を目指して歩いている。人口はおよそ800万人というから、リアル(現実世界)で云えば大阪市くらいの規模だろうか?。もう城門が見えているのでもうすぐ着くハズだ、着いたらここでギルドに加盟登録しないとこのゲームではクエスト(仕事の依頼)を受ける事が出来ない。当然だが仕事をしないと金(ゲーム内通貨)を稼ぐ事が出来ないのは、こちらも同じ事らしい。

 別にハンターという職業を選ばなくてもイイのだが、大山から貰ったディスクには、ハンター用の装備が在ったので、手早くそれを選んでおいたという訳なのだが、どうせ何回はしかプレイしないゲームだから、別に何でもイイと云うのが正直なトコロだ。

 前の方に続いて城門をくぐろうとしたら、衛兵のような格好をした男に呼び止められた。

「おい、あんた、あんたの入口はそっちじゃない!」

 何の事かはよく分からないのだが、相手に敵意は感じられない。口の利き方には少々「ムッ」と来たが、何分にも私はまだここの事情を良くは知らないので、ここはおとなしくあの男の言う通りにする事にした。

 男について行くと別のゲートへと連れていかれたのだが、良く見るとここには見るからにハンターのような御仁が大勢いる。一人ずつ中に入って行き、ここで今後の接続に必要なIDとPASSを発行して貰ってから、このゲームのチュートリアルを受ける為に訓練場のようなところへと案内された。

 ここまでの感想を述べるならば、なかなか良く出来たゲームと言わざるをえない、これはここへ来て初めて感じた事なのだが、こうなるともうこのゲームのリアル社会で評価(主に販売実績や株価への影響など)なんか、もう全然関係の無い事のような錯覚を受けるから不思議だ。さすがは2000年頃から続いているタイトルと言ったところか?。

 さっそく中では武器の取り扱いや、防具に関する事を教えてくれるが、どうせすぐに辞めるつもりだったので、あまり真剣に聞く必要はなさそうだ。こうして登録を終えた私に最初に与えられた訓練とはフィールドへ出ていろいろな素材を取って来るのだが、それは鉄鉱石だったりキノコだったりと素人の私には何故そんな事をさせられるのかが分からない・・・。ヴァーチャ・ハンター(VH)と言うくらいだから、武器を持って戦うゲームだと思っていたが、チョット違ったのかも知れないと少し考えてしまった。

 この訓練クエストには1人か4人までのチームを組んで出かけるのだが、初めてここへ来た私には、そんな友人(フレンドとかフレさんと言うらしい)など一人もいるハズは無い。まぁリアルでも仕事は基本的に一人でやる方なので、ここは一人で行って来る事にする。かえってその方が気が楽だと言うのもあるし、見知らぬ誰かに気を使ってまでゲームなんかをするのはゴメンこうむりたいと言うのが正直な思いだからだ。

 ”たかがゲーム”この時の私の頭の中にはこんな考えがあったのかも知れない。

 フィールドに200人くらいのハンター見習いが駆り出されて、皆がキノコだとか薬草なんかを集めている。それぞれに2~4人で固まっているのがパーティ(PT)なのだろう。PTになるとPT内通話と言ってPT内だけでの会話が出来たり、メンバーの位置がモニターのマップにマーキングとして表示され、お互いがドコにいるのかが分かるようになるらしいが、一人の私には関係の無い事だった。

 こうして特に目的もなくフィールドを散策しては、ここから見える風景や景色を楽しんでいると後ろから声を掛けられた。

「お嬢さん、こんな所で何をみてるんですか?」

 振り返ると、ホソマッチョな若い男が立っていてこちらを見ている。(おお!そうだった!女性キャラを選んでいたんだ!)腕を組んでこちらを見ている感じが何か偉そうに見えたので、すぐに追い払う事にする。

「オレは男だ、ステータスを見れば分かるだろう?」

 私の声はヴォイスチェンジされて女性ヴォーカルのような声になっているが、話し方そのものは男性のそれだから、もしコイツがガールハント目的ならば、コレで追い払えるハズだ。

「へぇ~アナタ、ryoさんって言うんだねw」

「だから、それがどうかしたのか?」

「アナタ初めてだから知らないでしょうけど、早く集めないと、またやり直しですよ?」

 そういえばクエストには制限時間があると教官の女性が言っていたのを思い出した。こんな野良仕事をするためにここへ来たのでは無いので、もう一度これをやって時間を浪費するのは正直避けたいところだ・・・。


(P-6)へつづく!(更新は、一応・・・毎週火曜日の予定で~す!)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ます!。
スポンサーサイト

COMMENT

毎週かかさずみてますよー^^フムフム、やっぱり設定は少し変わってくるのですねー^^でも近い将来(もしかしたらあたしが知らないだけww)そうなりそうな気もする、いい設定だと思いますw(上からっぽいけど、下からのコメですお^^)また来週が楽しみですwがんばっ・・・りすぎないようにがんばってくださいねw^^(日本語むずかしーww)
2010/05/26(水) 23:33:35 | URL | あかね #- [Edit
あかねさんへ
コメントの返しが遅くなってごめんね><。

毎週読んで頂きまして、ありがとうございます。

ここ最近は続きを書く時間がありませんので、
少しまずいですね><。

楽しみにして頂けるのでしたら、
また頑張って書きますね!。

でわでわにゃん!。
2010/05/27(木) 19:51:10 | URL | kei #YG9ONXHE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。