--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.05.05 *Wed

【小説】 「ネットの彼女」 第1話(P-1) / 桂木 けい

「何が私に出来ないって・・・?!」

 キッチンでミルク・ティーをいれてダイニングのテーブルへと歩いて行く。トーストが焼けるまでの間に、TVをつけて朝のニュースを聞きながら朝刊を広げる。

 これが私の朝の始まりだ。時間の少ない朝だからこそ、いつくもの事を同時に焦らずにやるのが私の流儀というところか?。
 これは自分では長所だと考えているのだが、会社の人間に言わせると「リョウさんと一緒に仕事をすると忙しない」と口を揃えて言うのだが、いっぱしの社会人が一度に一つの仕事しか処理が出来ないようでは先が思いやられる。

 私に言わせれば、もっと効率を考えて順序良く仕事を進めて、少しでも残業時間の短縮をしないのは、ただの怠惰だと考えている。
 詰められる仕事を詰めず、意味の無い残業と雑談に時間を費やし、その行為がいかに所属する組織にムダを発生させているかを考えもしない。

 そんな輩たちとは、出来るだけ一緒に仕事をするのは遠慮をしておきたいのだが、会社勤めという事もあり、一概にそうゆう訳にはいかないのが会社員の悲しいトコロか・・・?。

 大学を出た頃は会社法他などについても独学をして、会社と云うものがどんなもので、私の今後の人生にどんな影響を持ち、それを手段としてどのように活用出来るかなど考えたのだが、2020年代の現在の日本では”起業”は難しいと決断し、会社勤めをして資金と人脈を築く事にしたという経緯もある。

 まぁ平たく言えば、パトロン(出資者)が居るか、お金持ちのボンボンでも無い限り、普通に会社を起こすのは難しいと言う事だ。

 世の中に対する不満を述べたトコロで、何かが変わる訳でもなく、それならいっその事その中に入って行き、自分の能力のみでのし上って行くのも面白いと考えた。ただそれだけの理由で今はココにいる。

 そういう理由もあり、会社や取引先から私が頂く評価は、なかなか良いと言っても差し支えないだろう。それなりの資格も同期たちよりも先に取得し、予算を預かる立場になったのも皆よりも頭2つくらい早かったハズだ。

 こんな私だからか、社内では一目置かれる事はあっても、気安く話しかけて来るヤツなんて居るわけが・・・、イヤ一人だけ居たかも・・・。

 そいつの名は大山といって、大学時代からの友人(?)なのだが、少し変わった男で何と表現すればイイのか良く判らないが、ここでハッキリと言っておくべきだとしたら、全然仕事が出来ないというか、しないヤツだ。

 本来ならば、こんなのとは話が合わないハズなのだが、もう何故か5年以上もクサレ縁が続いている。話しかけてくるのはヤツのほうからが多くて、それはいつも困り事の類だったりするのだが、私はこの太っちょを何故か今も憎めないでいる。

 そうそう、何故こんな太っちょの事になったかと言えば、そのいきさつは確かこうだった。

 それは今日の夕方の話だ、後輩に木村といって容姿もソコソコ良く周りのウケもそれなりにイイのがいるのだが、夕方の5時を過ぎても雑談をしていて、声が大きくて煩かったので注意をしてやる事にした。

「仕事してないのなら、(うるさいいから)もう帰れよ、オマエ!」

 いつもならワザワザこんな事は言わないのだが、上司の不手際で増えてしまった仕事があり、戦力にもならない上に、目の前でチャラチャラしているバカを見るのがどうしても苦痛に思えたからだった。

 後輩同士で3~4人の男女がこちらを向いてペコリと頭を下げるのだが、あれはどう見ても面従腹背のカオだ。そんな事はどーでもいーのだが、このキムラチンが帰り際にボソリと何かを言ったようだった。

「リョウ先輩なんて仕事しか出来ないのに・・・」とか、
「ヴァーチャ・ハンター(VH)なんてきっと出来ないくせに・・・」とか、
仕事の”出来ない君”に限って必ずこんな言葉をノタマウものだ。

 あんなアホタレの言う事など、全然気にはならないのだが、私だってVHくらいは知ってるつもりだ。確かC社の製品で定価が¥7,800で卸しがプロパー75%だったはず。それに現在105万本を出荷中なのだが、人気商品の為に現在市場にはほとんど流通してないという事と、このタイトルによってC社の株価が一気に¥300上がった・・・などと言うのが私がVHで知っている知識だが、これ以外に何か必要なのか?。

 特に気にはしないが、CMで見ていて映像がキレイだったので興味を持った記憶があった。でも、何故か”デキナイ君”から「きっと出来ない」と言われた言葉がどうにも引っかかるので、こうして大山(太っちょ)の居る総務課へと足を運ぶ事にした。(ト~ゼンだが仕事は中断したw)

 ヤツならVHの1枚や2枚は持ってるハズだ、ここらで少しだけ今までの貸しを取り立てておくのも悪くないと考えたからだった。


(P-2)へつづく

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。