--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2016.01.23 *Sat

【小説】 「それは・・・よくある話のオンライン?!」 第1話(P-6) / 桂木 けい

 こうしてパーシィと2人パーティを組み、新エリアへ向かっていると周りの景色が平原エリアから森林エリアへとその姿を変えていく。まだ陽は高くて周囲に警戒が必要となる時間までは余裕がある状況だが、もう街からはかなり離れていて、いつ大型の敵と遭遇してもおかしくはない辺りまで来てしまっている。

「ライヤしゃん、向こうの方に何か見えませんか?」

 先ほどまで鼻歌を唄っていたパーシィが遠くで動く何かを見つけた。

 索敵スキルでマップを表示させてみると、総勢100以上は居るかと思えるくらいの白い点と、その倍近くある黒い点が1つのエリアに集中している。白い点は何も繋がりが無い他のプレイヤーたちで黒い点は敵モンスターを表している。

「もう始まっているみたいでしゅね」

「ああ、そうみたいだな」

 あの白い点が1つ消える度に、誰かの命が1つ失われるのだが、知らない誰かが亡くなったからと言っても、それが悲しい事だとは判るがそれ以上の感情が起こる事はない。この気持ちはオレだけでは無くて、みんな同じようなものだと思う。だってオレたちがゲームをしている今この時にも、外の現実世界では常にドコカで戦争や紛争をしていて、それがTVのニュースで放映されたのを見て、泣いている人を見たコトは無いからな。

「ちょっと気になるコトがあるので、もう少し近くで見たいでしゅ」

「そ、そうだな、そうしよう」

 今回のボスは大型キメラだとパーシィは言っていた。しかし、ここから見える範囲ではゴブリン、ホブゴブリン、オーク、グール、オオカミばかりで、ボスである大型キメラの姿は一向に見えない。オレが不審に思っていると・・・。

「ボスはこの先、もう少し行ったエリアに居るハズでしゅ」

「そ、そうなのか?」

 すると攻略パーティのおよそ3分の1が急に周囲に展開して、中央に配置された主力部隊を護る陣形に移動して行くのがマップから見て取れた。

 傍から見ていると、この敵増援部隊の出現を予想していなかったような動きだったが、全体を指揮する者があの中に居て即断で作戦変更を皆に通知し、それが即時に実行されたとしたら例えゲームの中での事とは言え驚嘆に値するだろう。

「ここから先はハイド・スキルを使って潜入しましゅ」

「お、おう、判った」

 更に近づいて見ていると不思議な事が起こった。先ほど敵の迎撃のために残った味方の後ろから、何故か味方であるハズの主力部隊が攻撃を始めたのである。

「い、一体あっちでは何が起こっているんだ?!このままだと攻略パーティそのものが全滅するぞ!!」

「やっぱり、こうゆうコトだったのでしゅね・・・」

 パーシィはこう続けた。このゲームにログインすると、最初は皆が教会所属のメンバーとなってチュートリアルなどを進めて行くのだが、ある程度まで進めると今度は自分の意志でクランを立ち上げたり、別のクランへと移籍する事が可能となる。

 そのシステムによってゲームの中で一番人数が多くなるのは教会となるが、これまでにいくつものギルドやクランが組織されており、それらの中には教会を敵視する者たちも居る。

 このゲームが進んだ事により、もうレベル的・人員的に見ても教会単独での攻略が難しくなったと言う事もあって、徐々にではあるが他のギルドやクランと合同で作戦を組むようになって行った。大抵の組織については概ね教会とは良好な関係を維持しているが、今回の傭兵ギルドの様にそうでない組織もある中で、普段は敵対関係と言っても良い相手だとしても敵ボス攻略など共通の目的の為には手を携える必要も出て来る。

 しかし、いつまでも教会主導の今の世界のあり方については、変えたいと思う者たちも居て、これまでにも多くの議論を必要として来たのだが、その結果が今オレたちの目の前で起こっている。やっぱり金儲けでオレを釣っておいて、本当の目的は別にあったんだな。

「傭兵ギルドのヤツラが教会に取って代わろうとしているのか?」

「姉しゃまには、そう聞いてるでしゅ!」

「え!姉が居たのか?お前・・・?」

「姉しゃまはララと言う名前でしゅ」

 ちょっと待てよ?。教会にララという名の人物と云えば1人知ってる。しかもメチャメチャ有名なプレイヤーだ。過去に教会が2つに分かれて派閥争いをした時に、両方の派閥のトップだった教会代表メンバーのスゴ腕たちを、たったの1人でブチノメシて解決に導いた(?)と云う、今では伝説の魔法使いだ。

「え!お前の姉って、あのララ様なのか?!」


P-7へつづく
INDEXページへ

スポンサーサイト

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。