--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2012.07.05 *Thu

【小説】 「ネットの彼女」 第6話(P-63) / 桂木 けい

 先ほどからグリーンドラゴンとの戦闘が始まっているが、幸いな事にまだ誰も大きなダメージを被ったプレイヤーは出ていない。他の飛竜種に比べて陸上での迎撃が多いおかげで、これまでに経験してきたモンスターとの狩猟テクニックが役に立つ。

 このゲームに登場するモンスターたちには、それぞれが独自の行動パターンや攻撃のクセが設定してあり、幾度か戦っているうちにカラダで覚えていくとでも言えばイイのだろうか?。ある程度の経験さえ積めば、それが初めて遭遇したモンスターだったとしても、最初はじっくりと行動を観察していれば、何となくでも行動の兆しを見て取る事が出来るようになる・・・ハズなのだが・・・。

D:「オデを飛ばしたのわダレら~~><!」

hikaru:「ぅう~コッチに来た、ど~しよ~~><;」

hoimi:「ryoさん、早く次の麻痺弾を準備して☆!」

 しかし、いくら経験を積んだメンバーが揃ったとしても、タマタマ(?)巡り合わせが悪い時には、目の前のような阿鼻叫喚地獄が広がる。

ryu:「ヒカルさん、コッチに走って来てはダメです!!」

 手持ちの麻痺弾を使い切ってしまい、次の弾を調合している最中はトテモ無防備な状態となり、この作業を終わらせるか中断しなければ、回避などのアクションを行う事が出来ない。

hikaru:「そ、そんなコト言ったって~~;;」

 特に悪気は無かったのだろうが、調合作業中の私のスグ横をヒカルさんが通り過ぎて行けば、その後ろからはグリーンドラゴンの巨体が押し寄せて来る。

hikaru:「ゴメンよぅ~~~~~~><;」

 いまさら謝って頂いても、もう事態は緊急を要していて、とにかく調合を中断して緊急回避をしなければ私の身に重大なダメージが降りかかる事だろう。しかも運が悪ければ、そのままゲームオーバーかも(?)というオマケ付きだ・・・。

“ゲシッ!!”

 必死の回避を試みるが時スデに遅く、あの緑色の鱗に覆われた“ブットイ”後ろ脚に蹴り飛ばされて、マイ・キャラが空中に浮き上がる。体力ゲージが見るみるうちに減って行くのが見える。だが、ホイミさんが防御力アップの効果を付与してくれていたオカゲで、何とか“この世”に留まる事は出来たようだ。

hoimi:「ryoさん、まだ生きてますか~☆?」

ryo:「なんとか・・・」

 グリーンドラゴンの後ろからは、ランスを構えたDさんが駆けてきて、またまた“ムギュ!!”と踏みつけにされてしまうが、残り体力が僅かで瀕死の状態なので、文句を言うよりも先にヤルべき事がある。

D:「そんなトコロで寝ていたらアブないのですヨ!」

ryo:(・・・><;)

 この状態だと“どんな一撃”を貰っても即刻ゲームオーバーは確実で、即座に回復を行うコトが最優先事項だろう。しかし、冷静に周囲を見てみればグリーンドラゴンからは少し離れており、先ほどまで撃ち込んでいた麻痺弾の効果が薄れる前に、もう何発か次の麻痺弾を命中させれば、あの巨体を誇るモンスターの動きを何秒間かは拘束が出来るハズだ。

“ガチャリ!”

先ほど蹴り飛ばされる前に8発の麻痺弾を撃ち込んでおり、私の予想ではあと4発くらいで麻痺拘束が出来ると踏んでいた。人間・・・喉元を過ぎれば熱さを忘れると言うが、ダメージを負って体力ゲージが減って行くのを見た瞬間には、もし生き残れたらスグにでも回復しようと思っていたのだが、今もモンスターと戦っているメンバーの姿を見てしまうと、援護射撃を先にするのが正しいような気がした。

“バシュン!バシュン!”

 一度に2発が装填可能な麻痺弾を、いつもより長距離から慎重に狙いを定めて射撃を行う。その後にも危険が無い事を確認し、更に2発の麻痺弾を撃ち込む。すると全身の筋肉を強張らせるようにして、グリーンドラゴンが麻痺状態となる。

hoimi:「グッジョブです☆」

D:「(見かけによらず)なかなかヤリますなぁ~w」

hikaru:「やったーー!!オレの反撃チャ~ンス!!」

 ここでようやく回復薬を飲む事が出来るようになり、戦闘は他の3名に任せておいて体力を最大まで回復させるが、まだ時間に余裕があったので麻痺弾の調合も済ませておいた。

 デキるビジネスマンとは、周囲の状況に合わせて臨機応変に対応し、決して時間をムダにしないしない人間を指す。準備さえ出来ていれば、貫通弾による攻撃を行うか、麻痺弾を使用して皆のサポートをするのかを選択する未来を持つ事が出来る。

“バサッ!バサッ!“

“ピカッ!!”

“ドサリ!”

 一定のダメージを与えたせいか?、グリーンドラゴンが体勢を立て直す為にエリアチェンジをしようと飛び立つ。しかし、離陸する際には一旦上空へと舞い上がる必要があり、この瞬間に閃光玉を投げれば再び地面へと叩き落す事が出来る。

hoimi:「グッジョブです☆」

hikaru:「ぉお~!スゴイなぁ~w」

D:「もっとホメるのですヨ!」

 さすがは“ピンちゃん一押し“のスゴ腕ハンターDさんだが、人間的に”何か“ありそうな気がするのは、ナゼなのかな~><?。


(P-64へ続くにゃ~?!)

 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/07(火) 16:29:26 | | # [Edit
やっと見れた~(>_<)
こにちは~☆
おひさです(*^_^*)

PC壊れてて今やっと見れました(>_<)
携帯からだと文字化けしてダメだった(/_;)

ネットの彼女いつも楽しみにしているので続けてくれてうれしいです(*^。^*)


最近インしてないみたいだけどお仕事忙しいのかな?
またメゼポルタで待ってますね(@^^)/~~~
2012/08/07(火) 16:35:20 | URL | Mio #qhVXTLRM [Edit
Mioさんへ
いつも見て頂きありがとにゃんです。

私のPCも最近は調子が悪くて、
スカイプもよく途切れてしまいます。

仕事が忙しいという事もありますが、
そういった理由もあって、
以前よりもMHFへINをする時間が減っていたりします><。

またInをしましたら、
宜しくお願いしますにゃ!。
2012/08/07(火) 18:53:01 | URL | kei #YG9ONXHE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。