--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2012.06.04 *Mon

【小説】 「ネットの彼女」 第6話(P-62) / 桂木 けい

ギャオーーーーン!!

 皆で集まって作戦会議をしようと考えていると、背後から大きな咆哮を浴びせられてしまい、不覚にもマイ・キャラが両方の耳を塞いでしゃがみこんでしまう。

D:「おや?何か来たみたいですヨ?」

hikaru:「わーい!ロードランナーだぁ~この子の素材も欲しかったんだよねw」

hoimi:「でもコレって・・・ターゲットじゃないですよね^^?」

 今回の目的は、あくまでグリーンドラゴンの狩猟であって、目の前に出現したモンスターでは無いのだから、各種の回復アイテムや弾薬に限りが有る事を考慮すれば“即時退去”が唯一の選択肢だろう。

ryo:「早くグリーンドラゴンを探しに行きましょう!」

hoimi:「それがいいですね☆」

 まだ未練が残るヒカルさんの手を引き、ホイミさんと私の2人がエリア移動を開始すると、D氏も後からついて来た。

 幸いにも少し進めば次のエリアへと入る事が出来て、チラリと後ろを確認してみるがロードランナーの追撃は無さそうなので、このまま先を急ぐ事にした。

hikaru:「一体どのへんに居るのかなぁ~?」

D:「エサを探すのに徘徊してなければ、きっとあの山の頂上ですヨ!」

 さすがは歴戦をくぐり抜けてきたと言うだけはあって、ターゲットとなるモンスターの巣の位置や行動パターンを熟知していそうなD氏が答える。

hikaru:「あ、あんなトコロまで行くのか・・・」

 ココからは少し遠いエリアに切り立った小高い山が見える。きっとゲームの中の事だから、見た目以上に遠いという事は無いのだろうが、その景色はクエスト参加者のヤル気を萎えさせるには十分な距離を映し出していた。

hoimi:「とりあえず出発しましょうか~☆」

ryo:「それに運が良ければ向こうから来てくれますからね」

hikaru:「そだね・・・オレ、ガンバル!」

 目的地が決まった事で皆に少しだけ元気が戻った。hikaruさんが先頭を歩き、その後ろにメンバーが繋がって歩いていると、この時はよほど運が良かったのか?上空を飛竜種の影が横切った。地面に映し出された影の大きさから考えると、まだ上空を滑空していると推測されるが、私たちの居るエリアを中心に円を描いて飛んでいるようだ。

グギャーーーーース!!

 上空でひと鳴きしてから次第に降下して、私たちの後方から太陽を背にして滑空姿勢でこちらへと急速に近づいて来る。

hikaru:「なんか来た~~><!!」

“ポロロロロ~ン・ポロン”

 まだ何が襲って来るのかも判らずにポカ~ンと上空を見上げていると、敵モンスターの下降ルートからいち早く木陰に入ったhoimiさんが、皆の防御力アップの演奏を始めている。メンバー全員の体が青色のエフェクトに包まれると、コレで少しはケガの心配をしなくても良い常態になるが、演奏効果には時間的な限りがある事を忘れてはいけない。

ズザーーー!!

 逆光だったのでイマイチ良く見えなかったのだが、これだけ至近距離まで近づかれてしまうと、イヤでもその姿が目に入ってしまう。大きな翼と猛禽を思わせるような両脚があり、その全身にはライムグリーンの鱗が輝き、チョットやソットの攻撃では弾かれてしまい、満足なダメージを与える事すら出来ないだろう。これが初心者ハンターの天敵とも呼ぶべき今回のターゲット。大地の飛竜グリーンドラゴンである。

hikaru:「いった~~><!!」

 グリーンドラゴンが最初の攻撃目標としたのはヒカルさんだったようで、もう運悪く最初の一撃を食らったのか?と思いきや、何とか敵の攻撃は緊急ダイブで避ける事には成功したのだが、D氏がランスを構えて突撃する際に“ムギュ!”っと踏みつけてしまったようだった。

D:「寝るのはベッドの上だけにしておくのですヨ!」

hikaru:「私はフトン派だいっ><!」

 どこか論点がズレたやり取りを見せながら先発攻撃隊の二人が何かを言い合っている。着地体勢のグリーンドラゴンを追いかけるようにD氏がランスを前方に構えながら、スタミナの限り追撃して行くのが見える。

 最初は麻痺弾と決めていたので、弾は最初に装填が終わっており素早くボウガンを構えると、あとは照準を合わせるだけの作業となっている。狙うのは命中させやすい胴体部分で、この距離からなら外す事は滅多に無い。

“バシュッ!バシュッ!”

 2発の麻痺弾をグリーンドラゴンに命中させて、次の弾を装填していると、演奏を終えたホイミさんがギターのようなフォルムをした武器を背中に私を追い越して戦線へと向かって行く。赤を基調とした上下防具が黒っぽいギターにマッチして、なかなかデザインが良いなと今さらながら感じた。

hikaru:「負けないぞ~><!エイッ!ヤアッ!!」

D:「ズコズコ突いて気持ちよく逝か・・・」

 だんだんとチャットに18禁ワードが入ってきたかと思えば、その瞬間に味方のギターが勢い良くD氏に当たってしまい、彼の身体が空中に放り出されるといったハプニングが起こってしまった。

hoimi:「あら?ゴメンなさいね☆」

D:「ンン!ギモヂイイ!!」



(P-63へ続けばいいなぁ~・・・?!)


 ※目次ページはコチラ!
スポンサーサイト

COMMENT

こんにちわ~☆
待ってました!ネットの彼女(^ω^)
いよいよ強敵との戦いが始まりました♪
どんな強大なモンスターでも仲間と力を合わせたなら倒せるはずですよね(^-^)
これからの展開をワクワクしながら待っています♪
hoimiさんとDさんがいいコンビになりそう(^_^;)
2012/06/05(火) 15:03:48 | URL | Mio #qhVXTLRM [Edit
Mioさんへ☆
こんばんにゃ!。

1ページ2000文字くらいですから、なかなか先に進みませんが、
ゆっくりとヒマを見ながら書いていきますので、
気長にお付き合いをお願いしますにゃんw。
2012/06/05(火) 20:06:14 | URL | kei #YG9ONXHE [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

ギャオーーーーン!! 皆で集まって作戦会議をしようと考えていると、背後から大きな咆哮を浴びせられてしまい、不覚にもマイ・キャラが両方の耳を塞いでしゃがみこんでしまう。D:「おや?何か来たみたいですヨ?」hikaru:「わーい!ロードランナーだぁ~この子の素材?...
2012/06/08(金) 15:42:31 | まとめwoネタ速neo [Del

*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。