This Archive : 2010年06月29日

--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT :

2010.06.29 *Tue

【小説】 「ネットの彼女」 第3話(P-11) / 桂木 けい

 ハンターズ・ギルドへと到着して受付を訪れる。受付は5つあるようだが、私が行くのは一番左端の入口だ。そう、白の制服を着た受付嬢のいるところで、どんなハンターもこのビギナーズ用の受付から始まる事になる。ここでは訓練場のクエスト受付も兼ねており、練習用のクエストの他にも訓練メニューの受付も行ってくれるという、ありがたいところのようだ。

「いらっしゃいませryo様、本日はどのようなクエストをお望みでしょうか?」

 ノンプレーヤーキャラクター(NPC)である彼女たちの声には、一人ひとり違うヴォイス・データを設定しているようで、どれも声優のように美しくて可愛い声がする。手前のウィンドウに示されたクエストのうち、近隣の村に入り込んだジャボス(小型肉食竜)を退治するというものがあったのでこれを選ぶ事にした。

 もう昨日のようにキノコを集めてくるのは沢山だと思っていたのと、また狩猟を行うゲームなのでそれをしたいと云う思いがあったからだ。

 ここでクエストの受注を行うには、契約保障金というものが必要だが幸いというか、いくらかの手持ちがあるので、その中から支払う事が出来た。すると次には待合のようなところがあり、ここでクエストの同行者を募るという手順へとなるようだ。

 待ってる間に、ギルド内のショップで回復薬や携帯食料などの必要なアイテムを購入するが、時々メッセージボードの方を見てはクエスト参加者の有無を確認する。

 すると幸運な事に、もう1名の方が同行してくれるようだ。名前(HN)とハンター・ランク(HR)を確認すると、LALAさんという方でHRは3だった。(まぁ、私のHRは1なので、こちらにより好みする権利は無さそうだが・・・)

  しばらく待っても他の方が来なければ、今回はこのLALAさんと2人で行く事になるので、待合へと戻りご挨拶の一つも済ませておかなければならないだろう。

「こんにちは、いや、こんばんはかな?」

 薄い青紫のメイド服のような格好をしており、背は私よりも若干低いくらいか?こちらを向いた彼女(中身はまだ分からないので、ひょっとして男性かも?)がペコリとお辞儀をする。なかなか感じの良い方のようだが、まだこれくらいで判断するのは早いというべきか?。

「あれ~?オトコの方だった~?、何で女の子のキャラクターなのぉ~?」

 うわぁ、いきなり来た・・・一番苦手なタイプが・・・この話し方はかなり若そうな気がする。パーティを募集した最初のメンバーがまさかこれ(失礼!)だとは、ココロの準備が出来ていなかったというところだ。また、ここへ来て分かったのだが、男性で女性のキャラクターを使用している方は沢山いるが、この娘はそれらの方全員にイチイチ聞いて回っているのだろうか?。

「いや初めてなので、適当にさわって設定をしていたら、こうなりました」

 おい!何をマジメに答えているんだ!・・・ココロの中のもう一人の私が語りかけてくる。別に今どきの日本で男尊女卑など考えてるつもりは毛頭ない。これは女性だからとかいうのではなくて、この話し方から推測出来る相手の人間性について少し抵抗感があったというのが正直なところだろう。

 でも冷静に考えてみることにしよう。このゲームでは一人よりも二人、できれば最大の四人パーティで行った方が安全で効率がいいというのは明白な事実だ。それに一緒に行ってみれば以外と話が合う事があるかもしれないし・・・。(無い可能性の方がずっと高いような気はするが・・・)それにHRが1の私と組んでくれるという貴重な方(存在)なのだ。この際だから贅沢は言ってはいられないのである。

 いくらリアルよりも時間が長く使える世界とはいえ、ここでもムダに浪費する事は性格的に出来ないので、これ以上待っても他の参加者が現れないようなら、この新人類と一緒にクエストへと行かねばなるまい・・・。

 参加者募集を締め切るために受付カウンターへと向かう。たかがゲーム内の事なのに、リアルと同じように移動や手続きという手間を残す事によって、この仮想空間にもリアリティを再現しようとしているようだ。個人的には嫌いじゃない。

 カウンターの前に立ち、受付嬢と会話をしようとすると、後ろから声を掛けられた。

「こんにちはryoさん!あっぱりアンタだったねw」

 この限定装備(白いコート姿)は、ここではやはり目立つらしくて、彼(ライル)には私の事がスグに判ったようだ。昨日はこの慣れなれしさに嫌気もしたが、今日は何故か余り気にならない。これも慣れのうちか?と考えてると、このライルがクエストに参加申し込みをしてきたようだった。


(P-12)へつづく!(更新は、一応・・・毎週火曜日の予定です?!)

※挿絵や扉絵を描いて下さる方は居られませんか?、
  メール・フォームからご連絡をお待ちしております!。

※ブログ右側にカテゴリ【小説】「ネットの彼女」がありますので、
  そちらをクリックして頂きますと、最初から読んで頂く事が出来ますよ~!。
スポンサーサイト

2010.06.29 *Tue

いまさら?猟団!へっぽこガンナー開拓記 その6 (MHF)

「新型ボウガン?完成にゃw!」

「こんばんにゃ!」keiです、昨日のメゼポルタでの様子です!。

 昨夜も10時頃からフロンティアへと行って参りました!。

 メゼポルタ広場に着きますと、
アカネさんやクロスケさんを始め猟団の方々が居られましたので、
今夜はここでご一緒させて(寄生させて)頂く事にしますww。

100628-009.jpg
(終わったにゃん!)

 広場をウロウロしておりますと、アカネさんがヒプノックという、
ダチョウさんみたいな、
鳥竜種のクエストを貼られますので、
早速ですがクロスケさんと一緒に参加をします!。

 このダチョウさん・・・よく走りますね><
その上バギィちゃんのように唾液で眠らされるのです!。

 リロードをしてからスコープモードに切り替えてる再中に、
何かを”ペッ”と吐き出して来ましたので、
とっさにコレを回避するのには成功をします!。

 ですがその後に、頭を左右に振りながら、
しかも唾を吐きながら走って来る姿が面白かったので見ていたら、
ポコッと当たってしまい眠らされてしまいます!!。

(バカにゃ!直撃だにゃ~?!)

 とっさに「zzzzz」とキーボードを打ち、
仲間に眠ってしまった事を知らせて助けを待ちます!。

 ・・・が、冷たいお二人はダチョウさんを追いかけて、
遥か向こうを駆けて行ってしまいました?!。

(クロちゃん!確かヴァナ~タ「www」って打ってましたよね~?)

 こうして広場へと戻ってから工房に入り、
何か良いボウガンが無いかと物色をしておりますと、
レイアちゃんの素材で出来る、
「ヴァルキリーなんちゃら」というボウガンを、
生産リストの中から見つけました!。

(何でも”ナンチャラ”で済ますのよそうよ・・・)

 このボウガンなら貫通弾LV1~LV3が3発ずつ装填出来ますので、
オマケでついてきたボウガンよりは、
ソロ・クエストに向いているかも知れません!。

 でも、どちらのボウガンも攻撃力が220程度ですので、
今までトライで使い慣れております、
「サンダー・イビル」(攻撃力348)に比べますと、
装填数や使用出来る弾種におきましても、
全然弱っちくてお話にならないですね~><;。

(こ、心細いにゃ・・・><;)

 しかし課金装備には、
「クーゲルなんちゃら」というボウガンがあって、
貫通弾がそれぞれ3/6/6と装填出来ますので、
ノドから手が出る程欲しいのですが、
まだ販売が未定となってるみたいです><;。

(だから”ナンチャラ”で済ますのよそうよ・・・)

 また貫通弾LV1と電撃弾が速射なのですが、
トライの速射よりも硬直が短く感じますので、
相手によって貫通弾と通常弾、そして速射を使い分けていけば、
今まで通りの戦い方で応用が利くと思います!。

 またフロンティアでシールドガンナーを目指すのでしたら、
へビィボウガンのみとなりますので、
この事もガンナーの人気を下げてる一因かも知れませんね?。

(回避ガンナーの私には余り関係無いですが・・・)

100628-015.jpg
(と言う訳でレイアちゃん覚悟するにゃ~!)

100628-014.jpg
(ぅにょ~~!!覚悟するのは私の方にゃ~?!)

 シャッターチャンスを狙っておりましたら、
何故か火球ブレスが直撃する瞬間を撮ってしまいました!。

(カ・・・カッコ悪いにゃ><;)

100628-020.jpg
(やっと終わったにゃん!)

 みんなの協力でポコッと倒す事が出来ました!。

100628-030.jpg
(出来たにゃ~ん!!)

 こうして完成したのがコレです!。

 さっきメンバーサイトで調べますと、
「ヴァリキリーファイア」と言う、
ちゃんとした名前がありました!。(あたりまえにゃん!><)

100628-027.jpg
(またにゃ~ん!)

 今夜もいろいろとありがとさんです!、
おかげさまで、新しいボウガンを作成する事が出来ました!。

 けっこうカッチョイイので気に入ったのですが、
使い勝っては矢張りイマイチでしたので、
もう次のボウガンを探していたりする今日この頃です・・・かしこ。



2010.06.29 *Tue

ちょっと困っています><;

「フンター被害について><;」

 今回は少しイヤなお話をさせて頂く事になりますので、
最初に書いておく事があります。

 またこの文章はkeiでは無くて、
リアルの私であります”桂”として書かせて頂く事にします。

 もしかしたら、いつもよりキツイ書き方になったりして、
「keiさんてこんな方だったのか」と落胆をされて、
もうこのブログに来て頂けなくなる方がおられるかも知れません!。

(出来るだけソフトに書きますが・・・)

 しかし、このブログは元々は、
大切なフレさんたちとの思い出をいつまでも書き留めておき、
いつでも読み直して思い出せる為に始めたものなのです。

 ですから、そのフレさんたちが困っていて、
少しでもお力になれるのであれば、
このブログを読んで下さる方が減ったり、
また反対意見や誹謗・中傷の対象になったとしても、
それは仕方の無い事なのかも知れません!。

 それに、そんな事を特に気にする私ではありませんし、
それくらいで私を傷つける事なんて出来はしないのです!。

 さて、ここから本題に入らせて頂きますが、
これはMHに限った事では無くて、
多人数参加型ネットワークゲームの全てに当てはまる事です。

 ここでは敢えて”フンター”と呼ばせて頂きますが、
彼らがどのような行動で他の方を困らせているのかをまとめてみますと、
下記のようになるかと思います。

1)女性プレーヤーさんへのつきまとい
2)女性プレーヤーさんへの陰湿なチャット
3)R-18指定になる様なチャット
4)男女に限らず年下や特定の方への横柄な態度やチャット
5)仲間部屋のアラシ
6)相手の武器や装備による締め出し
7)クエスト中の故意による味方攻撃
8)クエスト完了時の故意による剥ぎ取り妨害
9)クエストに参加していながら狩りに参加しない(寄生行為)

 まだ他にも有りますがパッと思いつくのはこんな感じでしょうか?。

 この中でも特に悪質なのが1~5に挙げたもので、
これによってゲームをするのが怖くなり、
街に来たくても来られない方が居たりします。

 また、この対策としてメーカーさんのHPには、
ハンターネーム(HN)やIDの通報をするようになっておりますが、
私個人の考えで言えば、
これはあまりアテには出来ないと言うのが今の率直な意見です。

 何故なら加害者であっても、それが立証出来るまでは無罪だからです。

 もしアナタの通報によって、
運営のサポートがちゃんとログを調べてくれたとしても、
相手に相応の措置(接続禁止など)を取ってくれるとは限りません。

 これにも相応の理由があって、
アナタの通報した相手もメーカーさんから見れば同じお客様だからです。

 その方の為に接続契約が次々と解約され方が居れば、
経営上の理由から早々のうちに何かの手を打たれると思いますが、
大抵の場合は「こちらで調査を行い相応の処置をします」としか、
メーカーさんのHPには書いてないハズですし、
何らかの措置をしたとしても、
通報したアナタへその結果報告は無いハズです。

 またメーカーさんが、その重い腰を上げたとしても、
加害者にも被害者と同じく権利や言い分があり、
一概に解決とはならないケースも多いのです。

(悲しいけどコレが現実です)

 この手のクレームは、ゲームの経営基盤を大きく揺るがすようにならない限り、
決して表には出て来る事はありませんし、
メーカーさんとしても大事にならないように受付はしておき、
お茶を濁しておいて両方から接続料をせしめた方が得ですよね?。

(そして何よりも、その方が対処がラクなのです!)

 その証拠にチートやハッキング行為などの、
メーカーさんに対して直接的に金銭被害が出る場合は対処が早いですよね?。

 これは何もネトゲに限った事ではなくて、
資本主義社会の裏の顔の一つなのです。

 リアルでの生活においても普段は気づかないだけで、
同じような考え方や原因を元とした問題が現実社会にも蔓延しております。

(大相撲や天下りや耐震強度偽装など、いろいろありますね・・・)

 ですが、これでは余りにも被害者が不利なように思えてきますが、
それもまた違うのです!。

 先ほど私はこう書きました。

「加害者にも被害者と同じ権利や言い分があり・・・」

 この文章を見て「やっぱりこんなもんか><」と考えたのでしたら、
まだまだアナタはボウヤなのですよ!。

 では、こう書いてみますね!。

「被害者にも加害者と同じ権利や言い分がある」

 私達には彼らに決して劣らない権利があり、
それが国に保障されているのです!。

 では、どうすればいいのでしょうか?、
大抵の方がここで行き詰るのだと思います。

 いいですか?ここが肝心なトコロなのです!、
普通のプレーヤーさんとフンターを比べた場合は、
どちらの方が数で勝っているでしょうか?。

 また、一例を取ってみますと私のブログ記事と、
もしあればですがフンターブログというのがあって、
誰かをイジメて楽しんでる記事や、
もしかしたら私や、私のフレさん達のブログに対する、
誹謗や中傷記事が書かれている記事があるとします。

 もし、この二つのブログを読み比べた時に、
アナタならどちらを支持しますか?。

 答えを聞く必要すら無いでしょう?。

 そして、このフンターたちの弱点はいくつかあって、
その一つが、例え仲間が居たとしても数が少ない事なのです!。

 また、ほとんどのフンターはリアル社会では大した事の無い人物です。

 これにも理由があって、先ず匿名だからエラソーに言ってるだけで、
リアルではマトモに他人と話をしたりする事や仕事の交渉、
ましてや異性に対してちゃんと接した事の無い輩でしょう。

 そうで無ければ言葉で相手が傷ついたりする事や、
心の痛みが判るハズなのですが一向にそんな感じがしません。

 またリアルで友人や恋人・家族の恵まれており、
仕事などでも一定の評価を受けてる人物が、
ネットで誰かにイタガラセをしても何の得も無いのです。

(中にはごく少数ですが、コレに当てはまらない方もいますが・・・)

 ハッキリとここで書いておきます。

 そんな奴の為に遠慮をする必要なんて、これっぽっちもありません!。

 逆に言えばチャット以上のイヤガラセも出来ないハズですので、
「アナタの居場所を知ってる」とか言ってきても、
ほとんどの場合は出まかせですから気にしないで下さい。

 こんなアホドモの言う事をイチイチ真に受けて傷ついたりせずに、
さっさとブラックリストに入れてしまいましょう。

 もし今BLに出来て無くて「もしまた来たら・・・」とか考えずに、
また来たらBLに入れれてラッキー!くらいに思って下さいね!。

 このネット社会では何事も自己責任がつきまといますので、
たとえ傷ついて逃げ出しても、それはアナタが選んだ事になります!。

 そして運良くBLに出来ましたら、私まで連絡を下さい。

 毎回デカデカとフンターリストにHNとIDを載せて、
他のブロガーさんにも協力をお願いしてみます。

 またここには書きませんが、他にもいろいろと対抗手段もあります。

 自分のHNとIDを晒されるのは、
それが悪い紹介であればイヤなものですし、
それが原因でそのキャラクターを使用出来なくなれば、
相手が今まで注いで来た時間などの他に、
今まで作成した装備やその方のフレさんリストも全て捨てる事になり、
何も行動を起こさないよりも相手にダメージを与える事が出来ます。

 またIDだけを変えて来る事も予想されますが、
辛抱強くBLに入れてここで晒し続けてやれば、
いつかはメンド臭くなって諦めるでしょう。

(IDを変えただけもフレさんリストが使えない等の面倒を生じます)

 そして、その記事を見た他のフンターへの抑止力となれば、
これから先のフンター被害を少しでも減じる事が出来ますので、
一緒にがんばっていきませんか?。

 先ずは、お心を強く持ってフンター程度のレベルの低い相手の言動に対して、
イチイチ真に受けて傷つかないようにして下さい。

 アナタには私達がついているのですから!。


 ※「ひとまず匿名」さんへの返信は「続きを読む」に書かせて頂きます!。




*** admin ** NewEntry ***

現在の経験値



プロフィール

kei

Author:kei
通りすがりのへっぽこガンニャ~です。

セ~セ~ド~ド~と後ろから、
ソレがダメなら
せめて横か崖上から・・・。
背中を向けた相手なら
この私に任せるにゃ~><!。

当ブログはリンクフリーにゃ!

また当ブログの画像や
ヘタっぴな文章等について
無断での転載を
一切禁じるにゃ~><!

skype:keikei0914(表示名kei)





カレンダー

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -









Copyright © いまさら?ネトゲ狩猟日記! All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: TripISM  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。